64掛A38

離為火(りいか)は、火が二つ重なっています。

キーワードとしては、移ろう・派手・変わりやすいという意味があります。

イメージとしては、夏の花火のようなものですね。

 

花火1

 

この卦の時は、ビッグチャンス到来です。

しかし、グズグズしてると逃してしまいます。

そもそも「自分がそのチャンスをつかめるかどうか?」も定かではありません。

一発屋的なヒットを表します。

 

確実さや安定を求めるなら、見送ったほうが無難。

「吉凶半々でもいいからトライしてみたい!」のなら、進んでください。

 

花火3

 

恋愛は、モテ期到来ですね。

たくさんの異性から声をかけられるでしょう。

 

しかし、その相手は玉石混交です。

冷静になって、相手をしっかりと見極めましょう。

 

そもそも、この卦の時は「冷静になる」ことが難しいのです。

一目惚れには要注意ですよ! 一晩で冷めてしまうかもしれません。

 

💡 また、モテることと愛されることはちがいます。

一瞬の花火と、冬中使うストーブくらいちがうでしょう。

これを書いているのは冬なので、このたとえを思いつきました。

寒い時は花火よりストーブですよ。トキメキやロマンはありませんがね。