64掛A19

地天泰(ちてんたい)は、なかなか安泰なを表します。

 

地(大地)が上にきて、天(空)が下にきています。

これは天地のエネルギーが相互に交流している状態なので、おめでたいと解釈します。

 

この卦の時は、まあまあ安心、なかなか安定、特に不自由はない時です。

一方では、マンネリ・停滞・発展性のなさを表します。

これは、同じ物事をちがった言い方で表現しているだけです。

 

例えば、どう転んでもクビにならない職場、人間関係も安定している。だけど、今以上の発展は望めない、給料が安い……などという場合です。

こういう状況はありがちですね~。

 

菜の花畑

恋愛は、なかなかよい状態ですね。

今の関係を壊そうなどとは、とても思えないでしょう。

婚約や結婚をするのもよいかもしれません。

 

「自分と相手は完全にバランスが取れている」関係です。

「お似合いのカップル」または「割れ鍋に綴じ蓋」でしょう。

注意・どちらも同じ事象をちがう言い方でいってるだけですよ!

 

「今の人に飽きちゃった」「なんだかタイクツ~」などと言い出さなければ、うまくいきます。

 

もともと「安定」とは「退屈」を内包したものなのです。

「安定していて、ドキドキわくわくする」なんて話は、ありませんよ。

何か迷っている方は、そこのところをよく考えてみましょう。

 

この卦の時は「安定」なので、相手に「安心」はできます。

それがいちばんのメリットかもしれませんね。