さあ、習慣を変えるといっても、一筋縄ではいきません。

「三日坊主」という言葉があるくらいですからね。

 

 

今回ご紹介するのは『やめる習慣』です。

 

・なぜ自分はその習慣をやめたいのか? の掘り下げ。

・その習慣を他の良い習慣に置き換えるためにはどうすればいいか。

・うまくいかないとしたらなぜなのか?

 

「習慣化」についてはこれ一冊あれば十分! というくらい充実した本です。

 

まあ何がいいって「人間の挫折パターン」がこれでもかというくらい取り上げられているところです。

そしてそれにどう対処すればいいか? もバッチリです。

 

 

私のネット依存を例に取ってみましょう。

 

・私のいつもの行動パターン

目が覚める → 夢占いサイトをチェックしたくなる → 朝からだらだらネット。

こんなことしてたら、脳が活性化するといわれている朝のゴールデンタイムが台無しですよ。

 

まずは【習慣をやめるための骨太な理由】を見つけます。

・目標化したいこと = 朝は勉強したり仕事したり。

・骨太な理由 = 仕事してお金をためて世界各国のミネラルショーへ出かけたい!

 

まあ夢占いの基本的原則くらい頭に入ってるんで、本当は調べる必要なんてないんですが……。

調べる必要がないものを調べるなんて、まさしくムダ以外のなにものでもないですよ!

 

【センターピン】(押さえるべき重要な指標)は、「ネットで不要なことを調べない」です。

地図とか電話番号とか、仕事関係で必要なことはそりゃ調べます。

 

 

では【ボトルネック】(センターピンを邪魔する障害物)は何なのか?

 

どうも、私のネット依存は睡眠不足時に起こりがちです。

頭がフラフラしてると、ついだらだらネットをしがちですね。

挫折パターンを回避するためには「睡眠時間」を確保することが必要となります。

 

こんなふうにして、自分の行動をひとつひとつ分解していくわけです。

まずは己を知らなければなりません。

 

ここのバックナンバーでかなりのぶんが読めるので、ご覧になってはいかが?

集中連載『「やめる」習慣』バックナンバー