水晶玉

 

パワーストーンは直感によって選ぶのがいちばんです。

でも、ここでつまずく人がいるかもしれません。

「直感って、ナニ?」と。

 

「直感がない」「わからない」という方が、たまにいらっしゃるのですね。

これにはびっくりです。

 

直感といったって、何もご大層なものではありません。

お昼何にしようかな? レベルですよ。

 

わかりにくければ、ホウホウ先生のこの記事をご覧ください。

「生キャラメルやめてお寿司にしたら大正解だった」という内容ですね。

ホウホウ先生とは、神戸のおもろいおっちゃんです。パワーストーンも売ってるよ。

 

なーんだ、直感って「ただその時の気分」なだけなの?

 

それはそうですが、日常生活の中での直感とはこういうものです。

ここまで詳しく書いている記事はなかなかないので、紹介してみました。

要するに「ハートの答えを大切に」ということです。

 

石2

 

そしてパワーストーン選びで、大事なことがあります。

欲で選んではいけません!

もちろん、石が欲しいから、石を買うのです。

石欲はいいのですが……。

 

「どうしても復縁したいからガーネット」(効果への執着)とか、

「レアで持ってると自慢できそうだから」(見栄)とか、

「転売すれば高く売れそう」(取らぬ狸の皮算用)とか、

「あのヒーラーが効くといってたから」(他人の意見に影響されすぎ)とか、

「この石は好きじゃないけど、効きそうだから」(自分の好みを無視)だとか、

その石と関係のないゴチャゴチャした心は持たないようにしましょう。

 

ちなみに、石の大小とパワーは関係ありません。

クオリティも関係ないです。原石でも宝石質でも構いません。

更に、ちょっとくらい欠けてても大丈夫ですよ。

 

海辺の石ころでもブルーダイヤモンドでもOK。

どっちが優れているということはありません。

大事なのは、本人と石との相性だけです。

 

「この石を見てると何か落ち着くからこれにしよう」

「色合いがステキ」

「どうしてもこれが欲しい」といった、自分の中のサインを大切にしてくださいね。

 

あなたにとって正しいパワーストーンを選ぶためにはどうすればいいか?

くもりのない心で、石そのものの本質を見ましょう。

と、いうことになりますね~。

 

「効く」パワーストーンの選び方(1)

「効く」パワーストーンの選び方(2)

「効く」パワーストーンの選び方(3)