正しい道を知りたいあなたへ

ブログ

八卦の解説 巽(そん)

では、今回は巽(そん)を見ていきましょう。 これは風です。さわやかな風ですよ。ひゅー。   いろいろなものを、あちこちに広める働きがあります。   ここで大事なのは「よいもわるいもない」ということです …

八卦の解説 坎(かん)

これは、坎(かん)といいます。水です。 Q じゃあ「恵みの水」というイメージで、いい意味なんでしょ。 A 全然違います。争い、トラブル、神経衰弱などを表します。   まあ、水といったら普通よさげな感じを抱きます …

八卦の解説 離(り)

今回は離(り)の解説です。   ほんとは乾(けん)→兌(だ)→離(り)、という順番があるのですが、 イメージが連想しやすいほうからいきましょう。   これは、火です。ボーボー燃えてます。   …

占い方(1)

占い方を書くのを忘れてました! これは最もカンタン、便利、コンビニエンスなやり方です。   (1)まず、質問をよ~く考えましょう。 質問の立て方によって、答えの正確さが変わってきます。 「これからどうなる?」と …

八卦の解説 坤(こん)

それでは坤(こん)の解説です。 先の乾(けん)の対極にあるものです。     これは、陰が3つ重なってます。 なんだか、どっしりとした、重たそう~な感じがしますね。   天と地でいえば「地」 …

八卦の解説 乾(けん)

  それでは乾(けん)の解説です。 これは、陽が3つ重なってます。 なんだか、明るそうな感じがするでしょう。 明るいもの、高いもの、キラキラしたもの、固いもの、勇ましいものなどを表します。   &nb …

八卦の解説

それでは、いよいよ八卦の解説に入ります。 ここは重要なポイントとなりますよ。   さて、物事はなんでも陰陽にわけられる……のだけれど、 それだけじゃ、この複雑な世界のことは占えません。   もうちょっ …

陰と陽(3)

では、陰を見ていきましょうか。     これは、陰の卦が三本重なっていますね。 陰って何? 月、川、女、夜、低い、暗い……。 ですね。   そして大事なことが一つ。 陰と陽で、どちらがよい・ …

陰と陽(2)

さて、世界のはじまりです。 未分化だった太極は、陰と陽にわかれていきました。 そして、今あるような世界ができたのです。   どんなことも、陰陽にわけられます。 月と太陽、女と男、水と火、大地と山……。 &nbs …

太極

あっ、その前に「太極(たいきょく)」の説明をしておかないと。   昔むかし、世界のはじまりの前。 ぼや~っとした一つの何かがありました。 それは陰でも陽でもなく、何とも言いようがありません。 あえて名づけるなら …

« 1 33 34 35 »
PAGETOP
Copyright © 神戸の易者 黄玉の易占い All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.