第14話 5/30 京都デモに参加してきました

はい、頭おかしい非国民たちが集う、反コロナデモが京都で行われます。

私はプラカードと飲み物、おやつを持って会場に向かいました。

 

途中の電車で、主催者とコアメンバーたちに出会いました。機材をヒーハーいいながら運んでます。

たいへんそうだナァー。(他人事)

 

私もちょっと荷物を持ちます。

パネルを入れるための袋には「コロナは茶番」と、でかでかと書かれています。

特注でつくったらしいです。

この袋をさげてると、周りの目が……「え~、あの人なに? やばぁ~い」みたいな。

ハァ……これから、こういう好奇の目にさらされるんでしょうね。

 

さて、デモ行進です。50人以上は集まってるかな?

二列になって、警察に警備されつつ前に進んでいきます。

で、シュプレヒコールというのがあって、

A「無症状ってなんだ?」がいうと、

Bが「ただの健康な人だ」と答えて、

Cその他大勢が「ただの健康な人だー!」唱和するわけです。

事前に練習もしたんですよ。

 

緊急事態宣言、ワクチン政策のおかしさを訴える内容がメインですが、なかにはこんなものも混じってます。

A「ニューヨークにいきたいかー!」

みんな(――えっ!?)

A「……という番組がありましたが、ワクチン打ちたいかー?」

B「死んでも打ちたくなーい!」

Cその他大勢「死んでも打ちたくなーい!」」

それでまあ、不可触賤民になった気分というか、レインボーパレード(LGBTの)に参加している気分というか。

 

日本社会では「空気を読む」ということが非常に大切にされますね。

その「空気」からケタ外れに外れた主張です。

コペルニクスになった気分が味わえます。

さらに、ネガティブフィードバックもあります。

 

「コロナがないって証明してみてよ!」とからんでくる中年女性がいたり、

「マスクくらいしろー」といってくる男子高校生の集団がいたり。

 

けれど、ポジティブな反応もかなりあります。

 

・スタート地点で、デモの様子を撮影してるマスクの人がいました。

私がじーっと見てたら、さっとアゴマスクにしました。

そして、しばらく行ったところで、またその人を見かけたんです。

えっ、ついてきてるの?

手をふってみたら、振り返してくれました。飛び入り参加したいのかなー?

 

・飲食店の人が店の前に立って

「ワクチン、ヤバいもんな」

「あー、あれはねー」と会話してたり。

あれっ、知ってるんだ? まあ、自分で調べりゃすぐにわかりますよね。

 

・「マスクを外そう!」という呼びかけに応えて、実際にマスクを取った女性。

拡声器を持ってる人が「はい、マスクを取ったら美人な人がマスクを外してくれました!」とほめてました。

参加者A「マスクとったら美人だっていったら、みんな外すんじゃないの?」

参加者B「かもねー」

まあ、実際、マスクは肌荒れの原因にもなるようですし。

毛穴にはよくないでしょう。

 

・アゴマスクをして、こちらを見ながら「うん、うん」とうなずく老夫婦。

デモ団体を、孫でも見るようなやさしい目で見つめています。

な、なんだろう……?

テレビの洗脳にかかっていない高齢者ってめずらしいですね。

引退した免疫学者夫婦とかで、本当のことを知っているのかもしれません。

 

他にも好意的な反応はいろいろあるんですが、その人たちのほとんどがマスク(アゴマスク含む)を装着してます。

働いている時は仕方ないとしても、プライベートでは取ってくださいよう。

でないと、このマスク同調圧力は崩れないじゃないですか~。

 

あと、外人さんは反応がオーバーですね。

ノーマスクでにこにこしながら動画とってて、こぶしを突き上げて「おー、いえー、ぐれーと!」みたいな。

 

しかし、アメリカ国旗の模様のマスクをした外人さんが、ひたいの横でくるくると指を回して「くれーじー!」といってくることもあります。

クルクルパーのジェスチャーは、日米共通なんですね。

 

――さあ、皆さんはどう思いますか?

狂っているのは、政府か、デモ団体か?

日和見、様子見、無関心派が大多数かもしれませんが。