第13話 ワクチンパスポートと洗脳のイロハ(2)

このプランデミック(計画されたパンデミックという意味)には、わかりやすい洗脳手法が使われています。

人を洗脳するには「ショック、恐怖を与える⇒でもこれさえあれば安心!」と「救済」の手を差し出すことが大切なのです。広告でもよくあるでしょう。

 

――あーあ、お庭の手入れはめんどくさい……。

でも放っておいたら、毛虫が発生! 空き巣に狙われる! おまけに放火魔は荒れたお庭が大好き! そして家庭内暴力、認知症、一家離散で取り返しのつかないことに!

ご近所さんの声「あの人が庭の手入れをしなかったから……」

でも、この高枝切ばさみがあれば安心!――ってやつです。

 

武漢でバタバタ倒れる人の映像がそれです。

「意識を失って倒れる」という設定なのに、ちゃんと手をついて倒れてます。

プロのスタントマンを雇ってなかったようですね。

 

私はテレビの世界からは遠く離れているのでよく知りませんが、今は日本国民全員が「あーん、ファイザーさま、ステキ! 早くイケナイお注射がほしいのぉ~! 3回目も打ってえ~!」ってうっとりしてるんですか?

まさか、そこまでとは思いたくないですが……。

大規模接種会場で予約が取れないとか、いや実はガラガラだとか、余った(……余ってるの?)ワクチンを自衛隊に打たせるとか、情報がバラバラでよくわかりませんな。

 

仮にワクチンにワクワクしてる人がいるとしたら、ぜーったいに「死の恐怖」を刺激されてますね。

あなたが恐れてるのはコロナではない。

いつか自分が死ぬという、その絶対的事実を受け入れられないだけですよ。

 

特にお年寄りは、間近に天寿が迫っています。

テレビの「健康な若者が無症状感染(?)を広めて、老人にコロナを広めてるんだ」という論調にのっかって若者叩きをして、自分の死の恐怖をごまかしてるんでしょう。

この洗脳を解くのは厄介ですねー。

なにしろ、コロナ関係なく、老人に死が迫ってることは事実ですから。

 

 

だいたい、日本人は死を忌避しすぎなんですよ。

日野原重明先生の「生きかた上手」は元のタイトルが「死にかた上手」だったそうです。

むやみと死を恐れてノーマスク者を批判するより、終活でもして「いかに死ぬべきか」を考えたほうがいいんじゃないですか。

そうしたら、新型コロナの死亡率が、欧州と比べて『圧倒的に低い』日本で、治験ゼロの・成分不明の・人体実験ワクチンを打つことが、どれほどバカらしいかに気づくはずですが……。

 

みなさんにお願いなんですけど、我先にとワクチン打つのはやめて頂けません?

せめて10年後くらいに延期してくださいよ。

国民の過半数が打たなければ、ワクチンパスポートは施行できません。

ど~しても治療薬がほしいっていうなら、国産ワクチンとか、国産抗ウイルス薬を待ちませんか? ワクチンって、人種によって効きがちがうらしいですよ。

 

また、長崎大が5-ALAを開発したと聞きますが、これって天然アミノ酸……つまり食品です。納豆・日本酒に多く含まれてます。

https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

コロナって、ほんとにクスリが必要なレベルの病気ですか?

納豆食べてりゃいいのでは?

 

ほらほら、こういうニュースもありますし。

ちょっとクールダウンしましょうよ。

 

新型コロナワクチンへの妄信と強制が危うい理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/f29d5a4958220eb3f49ee5ac7bac3a55d9e8398c

>「そもそもコロナで死ぬリスクもすごく小さいんです」