第9話 せめて屋外ではマスクを外しませんか

どうです、みなさんはマスクしてますか?

私はもともと花粉症で、道を歩いてると排気ガスでノドが痛くなるし、マスクしてもいいんですが……。

でも、去年からあえて外しています。

 

「マスクせずんば人にあらず」というマスクファシズムが広がっているからです。

ジョギング・ツーリング・登山でもマスクする人がいるんですよ。

おい、しっかりしろ。そこは屋外だ!

酸素不足で脳機能が低下してしまったんでしょうか。

 

マスクの箱にも「ウイルスは防げません」と書いており、患者のツバを浴びる歯科医ではクラスター感染がひとつもなく、「無症状者が感染させる」というのは、ドイツの有名な御用学者が主張しているだけです。

「有名な学者」ではなく「御用学者として有名な人」って意味です。

 

私がセキをしてて病院に行くなら、そりゃマスクしてもいいですよ。だけど……。

 

――デパートの入り口で警備員さんが、ノーマスクの私を犯罪者ででもあるかのように呼び止めます。

「マスクの着用をお願いします」

 

仕方なく、私はマスクをつけて、洋服を見にいきました。

女性の方ならわかるでしょうが、ニットやワンピースなどを試着する場合、洋服にファンデーションがつかないように、フェイスカバーを渡されます。

・顔の前面をおおう、キッチンペーパーをとてもうすくしたようなもの。

 

フェイスカバーをつけるためには、マスクが邪魔です。とります。

試着してフェイスカバーをとって、試着室を出て鏡の前に立ちます。

「あらー、お似合いですねー」

店員さんは、私がノーマスクなことについては何もふれません。

 

「この服は、お袖はこうしたほうがいいですよー」と、密密になって袖をまくってくれます。

2019年と何も変わっていません。

というか、アパレルで試着したあと、ノーマスクで鏡の前に立って注意された例は、これまで皆無です。

 

――入り口でのマスクチェック、何も意味ないですよね。

 

ただ客にマスクおしつけて、それで「やってます感」を出したいだけでしょ?

こんな無意味な竹槍パフォーマンスに付き合わされるなんて、私の理性はヘトヘトですよ。

 

そもそも、なんでマスクだけにこだわってんのかも謎です。

ウイルスって、粘膜から侵入するんでしょ。なぜ、ゴーグルしろといわないんですか。

 

それで雑菌だらけのマスクを装着して飲食とか。

「おいら、こんなに不潔なことをしてもヘッチャラだぜ!」と免疫力の高さをアピールしているのでしょうか?

 

――こりゃあ、もう、宗教ですわ。

国民の大半が「マスクさえあれば自分は守られている」という信念を抱くようになっています。

で、そんなにマスクを信仰してるのに、マスクしてない人に後ろ指をさすという……。

 

あーら、あなたのマスク様は不織布・抗菌・二重で完璧なんでしょう?

だったら、その効果をとことん信じ抜けばいいんじゃございませんの。

マスク様の功徳を疑うとは、不遜でございましょうぞ! まだまだ信心が足りませんわね。

 

さあ、皆のもの、マスクをあがめよ。たたえよ。

夏場にN95マスクしてフルマラソンして、熱中症でその命を捧げよ!

マスク真理教に入信するのだ!!

 

マスク真理教【公式】

と、このようなフラストレーションがたまって、またデモに参加するわけですね。