第7話 テレビを見ていないと、周囲と話が合わなくなる?

私は平凡な一般市民です。

ただ、ここ20年ほどテレビを見ていません。

 

以前、知り合いから「テレビ見ないと、周りと話が合わなくない?」ときかれました。

その時は「テレビの話しかすることない知り合いなんていらないよ」とツッパった答えをしましたが……。

 

――うん、ぜんっぜん合わないですね!

 

「まあ~、お久しぶり~、ねえねえ、黄玉さん、大丈夫だった? 調子はどう?」

「大丈夫です」

 

「ほら、この布マスク! 抗菌やねん、あげるよ」

「ありがとうございます……」

 

「今、コロナはやってるね~」

「……」

 

どうやら私には、コロナに対する恐怖心が微塵もないようです。

それより、アルコール消毒で指にささくれができるほうがよっぽど恐ろしいです。

 

――知り合いの高齢者と話していると。

「黄玉さん、最近どうですかね」

「元気ですよ! この前、風邪をひいたけどすぐに治りました。もしかしたら、コロナの免疫ついちゃったかも~」

 

私は「重症化なんてしませんよ。寝てたら治ります」ということを伝えて、

相手を元気づけたかったのです。

 

でも、テレビっ子なおじいちゃんの返事はこうですよ。

「嗚呼、やっぱりコロナがはやってるんだね。テレビのいう通りだ。なんて恐ろしい……」

 

うわー、逆・効・果ー!!

 

つーか、テレビ、テレビ、テレビ……テレスクリーンにビッグブラザー大好き。

 

おまえら、そんなにテレビが好きか。

テレビがおまえに何をしてくれた? 言ってみろ!

 

いやはや、星新一の「妖精配給会社」か、眉村卓の「いやな話」というか……。