第4話 「感染」と「陽性」のちがいを知っていますか

さて、ちょっと話は戻って、私の近所の歯科医のブログのことを語りましょう。

 

この歯科医は2020年に、既に自粛不要論をとなえています。

その時、京大の上久保靖彦先生の意見を、動画と共に紹介しています。

「日本はすでに集団免疫を獲得しているので、再自粛の必要はない!」ということです。

 

で、その動画を見ようと思ったら、消されてるんですわ。

誰が消したか。youtubeですよ。

WHOのガイドラインにそわないコロナ情報はデリートされるのです。

 

だーからって、上久保先生の説まで削除される必要があるのか。

これは、遺伝子解析の結果にもとづいた説で、とっても真面目な内容ですよ。

詳細は「新型コロナ」上久保靖彦・小川榮太郎 (著) (WAC BUNKO 327) で読めます。

 

今の日本では「コロナこわいぞー! 飲食店ではアクリル板を立てるべきだー!」といわなきゃ、弾圧されるのですね。

お上のご意向にそわない情報はぜんぶデマ扱いですか。

そりゃひでぇや。

 

――それで情報統制されて、テレビばっか見てるとどうなるか。

 

とある集まりで、7~8人でZoomで話していました。

で、私は「今はコロナ、流行してないですよ。オフラインで会ってもいいんじゃないですか」と発言しました。

画面の向こうが、水を打ったように静まり返ります……。

 

私「いや、あのー、今テレビで発表されてる感染者って、陽性者のことですから」

 

公式発表の陽性者の数を調べれば、陽性者=感染者として報道されていることはすぐわかります。

しかし反応がものすごくにぶい。

みなさん、ぽかーんとしておられます。

 

「……あの、感染と陽性のちがい、知ってる人はいますか」

 

手をあげたのは一人だけ。

 

・感染=お医者さんが「感染してますよ」と判断を下した人。ウイルスが増殖してて、熱をだしたり、ゲホゲホいってたりする。

・陽性=なんらかの菌が付着している人。現在のPCR検査では、その菌が本当にコロナかどうか、菌が生きてるか死んでるかもわからない。だいたい、元気で無症状。繁華街のPCR検査所で、検査を受けてたりします。

 

つーか、そもそもPCRは医療用の検査器具ではありません。

詳しくは「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」大橋 眞 (著)ヒカルランド(刊)をどうぞ。

 

私は以上のようなことを説明して、コロナはそこまで危険ではないですよ、といいました。

 

すると、その中の一人から「コロナについては色々な意見があるけど、今日はほかの話をしましょう」とやんわり言われました。

THE☆大人の対応ってやつです。

 

フッ、こういうこと言うと「やだ、あの人やばーい……さわらないでおこう」と村八分にされるわけですね。

私はテレビ洗脳の強さをまざまざと見せつけられました。

 

――感染と陽性のちがいも知らないやつらに、そんな扱いされたくねーぜ!!

 

・言論弾圧がひどい。

・コロナこわいといわなければ非国民扱い。

・自粛によって、お客様の心が病んできている。

 

私が、自粛政策に反対か賛成かといえば、反対です。

デモなど参加したことありませんが、反対の声をあげておきたいです。

そして、参加申し込みをしました。