第2話 自粛で心を病んでいく人々

さて、感染症対策が本格化してきました。

 

私のお客様の反応はこうです。

・毎日テレビを見ていると気持ちが落ち込む⇒家族不和。

・恋人がソーシャルディスタンスを理由に会ってくれなくなった⇒破綻。

・仕事が減って収入やばい⇒鬱。

 

なんだか、みなさん、どんどん病んできているような……。

 

また、こんなこともありました。

とある日、私は近くのお店へいきました。

「こんにちはー」

すると、店員さんがビクッとしたような顔をします。

……は?

私はマスクをつけてるし社会的距離もとってますし、三年くらい前から顔見知りで、同性同士ですけれど。

 

まさか「コロナうつるかも」って心配してるの?

 

私はセキひとつしてないのに。

全国民が感染症ノイローゼになったのでしょうか?!

うーん、私はここ20年くらい、ずっとテレビを見ていないので、周囲と感覚のひらきが大きいのかもしれません。

 

はてさて、どうしたもんか。

自分のブログに懐疑論を書いても、特に反応なし。

それどころか、Google様からガクッと順位を下げられました。検索アルゴリズムのコアアップデートが行われたらしいです。

 

さらに、お客様のなかで翻訳家の方が「コロナのワクチン、マジやべぇッすよ。メリケンじゃあ、バンバン人死んでるッすよ。家族に打つなといってもきかねぇんスよ。まったく、どうしたもんやら。ファイザーもモデルナもアストラゼネカも、ぜんぶダメっスよ。お気をつけなせえ」といってきました。

(こんな口調じゃないですけど)

私の個人的な感覚としては、インフルなみの病気に、エボラなみの対策がとられてて、社会が大変混乱してるように思えます。

 

――さらにワクチン?

ふーむ、まったく勉強したことがありません。

調べないといけないですね。

 

そんなある日、神戸三宮を通りかかると……。