第1話 私は陰謀論者ですか?

いきなりですが、現在、日本でタブーになってる話題を、どーんとおひとつ。

 

あれ、どうなんですか、コロナって?

オリンピックが行える恐ろしい感染症なんて、ありえるんですかね。

政府も医師会もちょっとおかしいですよ。

 

私が、なぜこの騒動に違和感を抱いたのかというと……。

 

クルーズ船のニュースをきいたころ、自分でも調べてみました。

どこかのサイトで、SARS、MARS、インフルとコロナの死亡率を比較した表を見ました。

どうみてもコロナは低い。

これ、安全なんじゃ?

でも、あんなにネットニュース流してるしなあ。

 

とあるガン専門医のyoutubeチャンネルを見ました。

「コロナとかね、あんなのただの風邪ですよ。だいたい、感染力が強ければ毒性は弱い、毒性が強ければ感染力は弱い、って法則があるんだから」

 

へえ、そうなのですか。

毒性が強い=すぐ死ぬ=動きが停止=広まらない、ってことでしょうか。

 

「ふだん健康な人が、死の恐怖におびえてパニくってるだけ。でもガン患者さんは、基礎疾患がありますから、気をつけておきましょうね」

なるほど。

マスコミがノリノリでパニックをあおってるだけなのだろうか。「悪い風邪がはやってる」くらいのスタンスでいればいいかな。

 

しばらくすると、かかりつけのA医師は「これ、ただの風邪じゃない?」とブログでいいはじめました。

また、近所の歯科医は、ブログで「自粛不要論」を語っています。

 

他の病院でも、検温と手の消毒はあるものの、診療スタイルは以前とまったく変わっていません。

防護服きて、アクリル板ごしに診察する人は、だーれもいない。

 

うーん、「感染症法」っていうのが関係してるのかな?

コロナの危険レベルをあげてるために、こんな対応になってるんだな。

まあ、そのうち落ち着くでしょ。

 

が、しかし、ぜーんぜん過熱報道はしずまりません。

それどころか、私の周囲の人たちは、どんどん心が病んできています。