目隠しされ縛られた女性。ソードの8です。

だけど「誰が」彼女を縛っているのでしょう?

その束縛から逃げ出すのは簡単なことかもしれません。

 

・正位置的な読み方

自縄自縛。視野が狭くなっている。八方ふさがり……に思えるだけ。

 

・逆位置的な読み方

何とかしなきゃと焦る。具体策に欠けている状態。

 

・ワンポイントアドバイス

彼女は「私は縛られて動けないの!」といってます。

しかし本当は、自分が動きたくないだけでは?

 

何枚かカードを並べた場合、ソード8がぽつんと意味不明に出てくることがあります。

そんな場合は「やっばり何もしたくない……」の気持ちや、

「あーしたらこーなるし、そーしたらこーなる……あ~、やっぱダメだ~!」と頭だけで考えている場合が多いです。

 

「今の状況を変えたい! でも何も変えたくない!」

これが人間です。

 

良いとか悪いとかいうより、自身のそういう習性を理解して、現状維持バイアスにとらわれないようにしましょう。身の周りの小さなところから変えていくといいですね。