はい、タロット更新も忘れてはいません。

今日からソードの解説に入ります。

 

ソード全般は「意志、理性、言葉」など、左脳的な要素を司ります。

💡 また「剣」なので、打ち倒すべき敵や試練の存在を暗示することがあります。

 

ソードのエースは、 特に「言葉」に関係したシーンで多く出てきます。

 

・正位置的な読み方

理性的な考え。冷静さが必要とされる局面。自分の意志を貫き通す。

 

・逆位置的な読み方

怠惰。自分の意志を適切に表現できていない。言葉足らず。

 

・ワンポイントアドバイス

ワンドが行動だとするなら、ソードは意志。

➡ ワンドのエースとソードのエースの違いは、こちらも参考にしてください。

 

ソードがアドバイスカードに出てきた場合「こんなこと言ったらカドが立つ。でも言わなきゃ!」な場面を表すことがあります。

日本人としては、イヤ~なカードだと思うでしょう。

ですが「やんわり断ろうと思ったの」では何も解決しません。

 

時には、切れ味鋭い剣が必要です。

 

 

ちなみに、これから春先までこのタロット更新がぽつぽつと続くだけです。

占いコラムの更新を楽しみにされている方は、また暖かくなってからお越しください。よろしくお願いします。