ハーイ、黄玉です。皆さま、いかがお過ごしですか?

 

今回はふたご座流星群の話題です。

12月の13日から14日にかけて、流星が見られるんだそうで。

そんなニュースを聞きました。

 

へー、見てみた~い。

ですが私は無粋者ですので、そもそもふたご座がどこかもわかりません。

 

バンドー神戸青少年科学館のイベントに参加して、見つけ方を教えてもらってきました!

 

(1)まず、オリオン座を探す。

(2)リゲルとベテルギウスから、左に線をひっぱっていく。

(3)仲良く並んだ2つの星がふたご座。そこに放射点がある。

💡 観測は、月が沈んだ22時以降がオススメ! だそうで。

 

なるほどなるほど。

しかしまー、市街地なので、どこもかしこも町の明かりだらけです。(山奥に行くほどの天文ファンではない)

こんなので見られるの~?

 

とりあえず川べりに行ってみましょう。少しは視界が開けるかも。

側では、街灯が煌々とついていますが……。

 

一応、オリオンとふたごが見られるくらいの環境です。

 

……。

 

……。

 

見えた!

 

なんだあれ、すごく明るい!!(流れ星とはもっと暗いものだと思っていた)

一等星くらいの光がヒューッと流れましたよ。

 

また「放射点のとこで見られるのかな~?」と思ってたけど違いました。

全天に、ランダムで不規則に流れるみたいです。

 

今回は、合計三個の流れ星を見ました。感動です!

 

大阪の天文グループが、

2018年12月15日にふたご座流星群の観測会を開くみたいなので、

もしかして今日も見られるのかも?

 

この週末、あなたも星空を見上げてみてはいかが?

寒さと防犯対策は忘れずにね!

それではまた~。