ペンタクルス(地)の力を司る女王。

彼女は椅子に座り、金貨を抱えています。しかし、なぜだか顔の右に黒い影が差しています……。

ペンタクルスのクイーンです。

 

・正位置的な読み方

真面目で穏やか。良妻賢母タイプ。先々のことをよく考える。

 

・逆位置的な読み方

自分の地位(妻の座など)に固執する。策謀家。腰が重い。

 

・ワンポイントアドバイス

物事なんでも、良い面と悪い面があります。

特にこのペンタクルスのスートでは「得たもののプラスとマイナス」に焦点が当てられています。

 

ペンタクルスのクイーンは膝の上に貨幣を抱えています。

しかしそれを得るためには、何らかの形で失ったものがあるはず。(時間、労力、他の可能性など)

彼女はそれを受け入れて、現在の富を享受しているのです。

 

💡 また、四スートの中で怒らせるといちばん怖い女性は彼女です。

・ワンドのクイーン → 相手を非難して自分の正当性を主張する。

・カップのクイーン → 泣きわめいたりヒステリックになる。

・ソードのクイーン → 第三者に仲裁を依頼したり、法に訴える。

・ペンタクルスのクイーン → その場では大人しくしておいて、何年も何年もかけて復讐を成し遂げる。

 

そういう報復心の強さでは断トツ! 座右の銘は「この恨みはらさでおくべきか」です。