皆さま、こんにちは。易者の黄玉です。

食欲の秋、芸術の秋、開運の秋ですね。

私もここらでひとつ、じっくり開運法に取り組んでみようと思いました。

 

日付をくぎって、断ち物(一定日数、好きなものを我慢する)、不要な紙を捨てる、ボランティア活動などなど、複数の開運法を同時に行ってみました。

珍しい人から連絡が入ったり、頂き物をもらったり、良い波がきているという実感があります。

よ~しよし、順調ですね。

 

しかし……。

 

ある朝、歯磨きの時に鏡を見ると、歯茎にニキビのようなものができています。

なんだこれ、アレルギー? 腫れた? いや……ウミ?

早速かかりつけの歯医者さんに予約しました。

まあ別に大したことはないでしょう。何てったって、運気を上げている最中なのですから。

 

A医師「あー、細菌に感染してますねー。ここ(箇所C)は神経をとって治療しなくちゃならないですよ」

ああ、そうですか。

A医師「でも大丈夫ですよ。根っこの部分は残せますから」

ええ、別に心配はしてませんでしたよ。みんな先生にお任せします。

A医師「歯にかぶせものをしなくてはなりません。銀歯と白いの、どちらがいいですか」

そりゃあ白いのがいいですよ。だって前の方の歯なんですもん。

 

A医師「ジルコニアセラミックは15万(税別)になります」

 

……ホワッツ?

 

A医師「このジルコニアセラミックは自費治療になるのです。銀歯ならすべて込みで1万円ちょっとです」

 

お、おたく2種類しか置いてないの?

1万円の次は15万? 松竹梅、甲乙丙丁、SML的な何かはないの?

 

A医師「うちはそうですね」

 

刻むだろっ!  普通もっと・・・!  段階をっ・・・!

 

 

こ、こういう時はセカンドオピニオンだ!

しかしそのへんの歯医者に一見さんで飛び込むというのは非常にリスキー!

 

そこで私は、A歯科医で私を数年間担当してもらってて、別の場所に独立してお店をオープンさせたB医師のもとを訪れました。

(私はA歯科医に長年月通っているのです)

 

B医師「あー、それはそうですよ。神経取ったとこにはかぶせものしなくちゃなりませんから。まあ今は保険で白いプラスチックのがありますから」

え、白いのがあるの?

B医師「歯医者さんの方針によって品揃えが違います」

へえ、けっこうフリースタイルなんですね。

B医師「しかしプラスチック製のものは強度と適合性(=歯にぴったりフィットするかどうか)で劣ります。他にもオールセラミック、メタルセラミック、ハイブリットセラミック、ゴールドクラウン、それに保険適用の銀歯など……」

 

で、でも!

昔B先生が神経取ったとこありますよね! ほら、ここ(箇所D)です。

箇所Dは別にかぶせものしてないじゃないですか。こんなふうにやってくださいよ!

 

B医師「それはおすすめできません。神経を抜いた歯はかぶせものをしないと強度が弱くなって、そのうち真っ二つに割れてしまいますよ

 

はあ~?

 

「(レントゲンを見ながら)うん、この歯はもうだいぶん危なくなってますね。こっちもかぶせものしておいた方がいいですよ」

 

それじゃあ! 過去の治療はいったい何だったんですか? ただの応急処置!?

 

B医師「それは、その時保険で白いかぶせものがなかったからです」

 

➡ この神経の処置をしたのは十数年以上前です。

確か、B「これは銀歯にするしかありませんね」私「えー!」B「でも大丈夫! この方法で白いのにしておきましょう」私「やった~」というやりとりがあったような……。

B先生は私の年齢と収入を勘案して「A歯科医で自費にせず白いかぶせものにするにはこの方法しかない」とやってくれたのでしょう。それが現在まできたというわけです。

 

B医師「とにかく詰め物はおすすめしません。銀歯でもプラスチックでもいいから、とりあえずこの二本には何かをかぶせておくべきですよ」

 

そーいえば、A先生も前に「箇所Dには、いずれかぶせものしなくてはなりませんよ」とか「神経を取った歯は色が悪くなってくる」とかいってたような……。

 

いやでもね、言い訳させてもらえば「外側だけでも元の歯が残ってる=かぶせものするより良い治療」だと思ってたんですよ!

B先生本人の口から聞いて、やっとかぶせものの重要性がわかりました。

 

つまり私には要治療の歯が二本あると……。

 

B医師「そうですね。かぶせものの種類を何にするか考えてきてください。

ちなみにうちもジルコニアセラミック(最高級品)はA歯科医と同じ値段です」

 

➡ 各素材のメリット・デメリットについては両方の歯科医で詳しい説明を受けています。

ネットで見るとジルコニアセラミックでも5~12万円からあるようですが、これまでの信頼度からして、AかBのどちらかを選択したいです。

 

「叫び」ムンク

 

私はかぶせものプライスリストを手に帰宅したわけですが……。

実際にプラスチック製品を見たんですが、何だか黄色いっていうか。

もしそれを入れてガタつきが気になったりしたらどうしよう。入れ直しなんてすごいムダですよね。

 

他の製品でも8万とか10万とか12万(税別)とか……。

それが×2本必要だと?

 

なんだっ、この不幸は……!

開運方法なんてデタラメなのか? 毎日コツコツ地道に頑張ってるのに、なぜ私だけこんな……!

 

いやー、はっはっは、これが開運法の効果なのですよね。

年末の所感+花買いの副作用?

ここでもちょっとふれてますが、これが「好転反応・毒だし」といわれている現象です!

 

また、運気の中で一番弱ってるところにそういった問題が起きやすいそうです。そう、問題があるにもかかわらず放置してるようなところから、勃発するらしいです。
細々とした問題が解決するとよくなるんだそうです。
よくなるところは、一番自分がこうなってほしい!!と思ってるところからよくなる訳ではないんだそうで、自分でわかってるかわかってないかは別にして、ここからよくなっていかなければいけないってところからよくなって行くらしいです。
ですので、基本的に自分に何が必要なのか、根幹的によくならないと後が続かないようなところからよくなっていくそうです。 さといもさんのコメント

 

確かに、一見悪いことのように見えますね。

しかし神経がやられてるのは事実だし、この件がなければ箇所Dをどうにかしようとは思わなかったでしょう。

人生百年スパンで考えれば、今かぶせものをしておく方がお得です。

 

今回のことは、まさに象徴的な意味でウミが出ているというわけですよ。

 

「ちょっとした刺し傷」 フリーダ・カーロ

 

そーいえば数日前にとある夢を見たんですよね。

口から大量の血を吐いて、歯医者さんから「あー、それは〇〇だから心配いらないですよ~」といわれてる夢を。

 

夢占いでは血液は「自分のエネルギー=お金」を表すことがあります。

そして「貯金を吐き出す」「出血大サービス」的な言葉との関連もあるでしょう。

 

ぐふっ……!

 

うわあああっ、何てこった!

開運記事を書いているのにこのていたらくだなんて、死んでも死に切れません。

悪魔王ゼノン様~、黄玉にお力を! 現世利益をお与えください~!

 

どこへ祈っているのやら。

 

すると落雷と共にメールボックスに5万の臨時の仕事が!(事実)

や、やった?! おおっ、感謝いたします~!

 

まあこんなふうに、不幸だか幸福だかわからない日常を過ごしているというわけです。

皆さまも、開運法する時は覚悟した方がいいですね!

 

自分がためてきたウミが噴出する可能性があります。

同様に縁切り・モノが壊れる・失職といった事象が起こるかもしれません。

しかし、それもこれも良縁への布石……だと思いたい!

 

まあウミがあるのなら、できるだけ早く出した方がいいですね。

汚いウミをたぷたぷ抱えたままで、開運もへったくれもないわけですから。

 

血まみれの易者がお送りしました~。

それではまた!