もともと「3」には「複数の人たちとの交流」という意味があります。

そしてワンドの3では「会社立ち上げて、みんなと協力してやっていこう!」というような状態を表します。

 

・正位置的な読み方

前途洋々。未来は明るく開けている。順調な段階。

 

・逆位置的な読み方

希望的観測ばかり語る。裏付けが何もない状態。口約束。

 

・ワンポイントアドバイス

ワンドは仕事のことを表すことが多いです。

しかしこの場合は「自分にはこういうビジョンがある。だからこんな会社を設立しよう!」と、ただそういう「前向きな意志」のみを表している場合があります。

実際に誰かを雇って、コツコツ仕事を進めていく場合はペンタクルスの3が出てきます。

 

前途洋々、胸は希望でふくらんでいる……のは間違いないのですが、

それをどう定着させるかは、まだまだこれからといった状態ですね。