さて、お次はワンドの2です。

 

ワンドのエースで「やるぞー!」と決意したら、次はしっかりとした計画を立てるべきです。

これはビジネス色の強いカードで(ワンドはだいたいそうですが)「他者との協力」を意味することもあります。

 

・正位置的な読み方

自分なりのビジョンを持っている。信頼できるパートナーを得る。しっかりした性格の人物。

 

・逆位置的な読み方

計画倒れ。机上の空論。読みが甘い。信用できない人物。

 

・ワンポイントアドバイス

小アルカナでは1→2と数が増えるごとに、だんだんとストーリーが広がっていきます。

そして「2」はだいたい他者の存在を表します。

だからこれは「仕事上のパートナーを得る」と見てもよいのですが……。

 

しかし実際に占った実感でいうと、この段階ではまだ「自分一人だけの計画」なのかもしれません。

将来へのビジョンはある。それなりの能力と資金もある。

でも自分一人の枠の中から抜け出せていない、「真の意味で他者と出会えていない」という含みがあります。