突然思い出したようにはじまる「効果があった開運法シリーズ!」

そういえば、まだまだいろんな開運法を試してきたような……。

 

独立一年目、私はごくふつうの水性ボールペンを主に使っていました。

書きやすい。軽い。まあそんな理由です。

 

けれどある時、こんな文章を読みました。

Aさんは才能も実力もある人。でも、なぜだか仕事運がガタ落ち! その原因は何なのでしょうか?

実はAさんは、十分な収入があるのに、粗品でもらったボロボロのボールペンを使っていたのです!これでは取引先にも悪印象を与えますよね?

Aさんが自分にピッタリの文房具を使うと、あら不思議! みるみる仕事運がアップしていったのです!

 

『風水が教える運をつかむ人の法則』 李家幽竹 PHP文庫 が出典でした。

 

ふ~ん、仕事運と文房具ねえ。

そりゃ関係ありそうなことですが……。

でもペン変えただけでそうなるかなあ。結局は本人の実力じゃないの?

 

そこで私は易に尋ねてみました。

私:文房具と仕事運って関係あるの?

易:え? そりゃあるよ。そーだなあ。おまえなら「黒・紺」などのどっしりした色のがいいんじゃね? 「重そう」な感じのがいいな。それ使えば一応は仕事運アップするよ。

➡ これは「私の場合」であって、万人に適する回答ではありません。

 

 

へえ! そうなんだ。

じゃあいっちょ、気張って良いペンを買おうじゃないか。

そこでナガサワ文具センターへ出かけて、店員さんにいろいろ教えてもらって、真っ黒なボールペンを購入しました。(モンブランではない)

万年筆は使いこなせる気がしないので、ちょっと高級ボールペン、ってわけです。

 

しかし家に帰って使ってみると……。

重い。

 

以前はプラスチックボールペンを使っていたため、尋常じゃないくらいの重さを感じます。

何行か書いただけで、指がダルくなってしまうのです。

(店舗では、そこまでの量を試し書きしていなかったのですね)

 

……うわあああ、これって明らかに失敗な買い物じゃん!

おまけにまだ全然収入は安定していないのに、ちょっと高級ボールペンを買うなんて!

ワラにもすがる思いでツボに大金を払う人と一緒だよ!

ああ、占いなんて信じて、軽率な行動をしたばっかりに……!

 

私は浪費の後悔に胸をさいなまれ、まんじりともせず夜を過ごしました。

 

 

翌日。

「うーん、オークションで売ろうか。それともちょっとしたメモ書き用には使えるか……」と、一応ペンを持って家を出ました。

 

すると。

マンションの前に、おろおろと困った様子のおばあさんがいます。

そして道行く人に「どなたか筆記用具を持っていませんか?」と尋ねています。

でも他の人は誰も持っていない。今は電子機器全盛ですからね。意外とそうなのかもしれません。

 

……えーと、まさに今私が持っていますが。

おばあさんは、看板の電話番号をメモしたかったらしいです。

私はそれを書いて、おばあさんに渡してあげました。

ほらー、ペン持っててよかったじゃなーい。

 

何だこの現象は? 外応ですよ。

身の周りに起きた出来事が、自分にメッセージを与えてくれているのです。

 

ということは、このペンは必要だと。ふーん。

ていうかこのペン、シンクロニシティが起こるほど重要なのか? じゃあ一応使うか……。

 

 

とはいっても、実際重いのは重い。

これを日常的に使うなんて考えられません。

じゃあどうするか。

外出先でのサイン用に使おうかな?

 

ほら、外では「ここにお名前書いてくださーい」というシーンがあるでしょう。

あれにこのペンを使おうかと。

 

私は以前から、そうした場面で備え付けのペンを使うと、なんだか運気が落ちるような気がしていたのです。

潔癖症というわけではありませんよ。

捨てられたばかりの空き缶を拾うくらいは平気ですし。

 

でもペンだと、他の気が混じるというか、余計なエネルギーにふれるというか……。

何だかイライラしてくるのです。(←病気だろ)

単なる気分の問題かもしれませんが、まあ少しでも快適な日常生活を送りたいのです。

 

 

よし、開運行動として、自分専用のペンでサインしよう!

でもそんな簡単なことでも、なかなかうまくいかな~い。

 

毎回毎回「はい、このペンどうぞー」って勧められるのをお断りしなきゃいけません。

「ペンを家に忘れた」「水性or鉛筆で書いてほしい」「今日はペン出すのだりー」って日もあります。

しかし、できるだけ自分のペンを使うように心がけていました。

 

そんなある日、今まで日常的に使っていた安ボールペンのチップが壊れました。

じゃあこの、ちょっと高級ボールペンを使うか~。また指が疲れるかもしれないけど。

 

いざ使ってみると、別に違和感はありません。

二、三年かけて慣らしたおかげで、平気になったのでしょう。

じゃあ、このボールペンは必要だったのですね。処分しなくてよかった~。

 

 

で、肝心の仕事運は上がったのか?

うーん、ほんとはまだまだなんですが、ペンを購入した時と比べると上昇してますね。

効果がないとはいいきれません。

 

でもこれ、すごーくジワジワ~とした感じですよ。

三年間毎日飲み続けて効く漢方薬、くらいのものです。

 

また開運文房具とは「その道具を使って仕事をすることで、徐々に何らかの力が発現していく」ものだと思われます。

だから、仕事しなければ/使わなければ、意味ないんでしょうね。

 

💡 さらに文房具は、仕事面に関するセルフイメージを大きく左右するようです。

(実は、それが最大の効果なのかも……)

 

ペンを使うたびに、「ああ、これにふさわしい仕事をしなきゃな」と思いますし。

仕事運を上げたいなら、タイガーアイブレスレットより万年筆を買った方がいいかもですね。

参考:出世する人が良く使う文房具

 

自分の「気」が入ったペンには、何か特別なものがあるのかもしれません。

いざという時には身代わりになってくれそうだし。

その意味では人に貸してはダメです。

 

まあ普通に「良い文具でやる気が出て能率アップ」というのはありますよね!

気になるようなら、変えてみてもいいのではないでしょうか。

 

こちらもご覧ください。

「あなたの開運文房具はなーに? 占ってみよう!」

 

皆さまも、お気に入りの文具と過ごしてくださいね!

それではまた~。