こんにちは、黄玉です。

今、兵庫県で前代未聞の写真展が開催されています!

 

吉川艶子卒寿(90歳)記念写真展

5/31(木)~6/4(月)

11~19時 最終日は15時まで

兵庫県芦屋市業平町8-24

芦屋市民センター(3F)多目的ホール

 

 

90才の御婦人がひらいた個展!

そして作品は無料で持ち帰りできる!

 

特に後者がすごいですよね。

こんなに太っ腹な個展は聞いたことがありません。

 

<ミャンマー ウーペイン橋より タァウングタマン湖>

 

私もどんなものかと行ってきました。

初日は雨だったのですが、新聞で紹介されたらしく、たくさんの人が来ていました。

 

海外の雄大な風景が多かったです。

作品からは、男性的でキッパリとした印象を受けました。

写真だけ見たら、3~40代のバックパッカー的な人が撮ってるのかも、と思いますね。

 

<エストニア 広大な公園にて>

 

プロフィールによると、阪神大震災で大ケガをして、そのリハビリで写真をはじめられたそうです。

何があってもあきらめない精神はすごいなあ、と思いました。

 

<オレンジ色のバラ>

 

私もありがたく一点頂戴してきました。

画像だとわかりにくいかもしれませんが「油絵風に加工した写真」なのです。

部屋の雰囲気が明るくなってうれしいです。

 

この個展は作品が持ち帰り可能で、なくなったぶんは次々と補充されるそうです。

ということは、作品は日替わりで楽しめるのかも?

たった五日間の個展ですが、見に行く価値はあると思いますよ。

 

<バリ島で投網を打つ漁師>

 

追記

初日に来場者が大挙して押し寄せ、作品の数があまりに少なくなったため、

今は「予約だけして最終日に持ち帰り」という形を取っているそうです。

 

初日のオープニング時刻って土砂降りだったんですけどね。

タダでもらえるんなら、雨が降ろうが槍が降ろうが何のその、という関西人根性でしょうか。

まあ、私もそうなんですが。

 

<中国 北京の路地で装飾品を売る少年>

 

吉川さんは初日も二日目も来られてました。

会期中は常駐してるんでしょうか?

年齢を感じさせない写真を見られて、大変良かったです。

 

<ミャンマー アマラブラ 托鉢>

 

追々記

私は最初この個展の案内を見た時「終活の一環かな」と思ってしまいました。

年齢が年齢だし、無料プレゼントってそうなのかも、と。

 

やはりというか、その意図は明確にあるそうです。

「自分が死んだら、作品はどうなるかわからない。なら、生きてるうちに好きな人にもらってもらおう」と。

 

<インド ガンジス河 ベナレス>

 

私が今回頂いたバラの写真は「吉川さんの旦那さんが気に入って、最期まで見ていたもの」だそうです。

縁者でもないのに、そんなの頂戴してもいいんでしょうか。

まあ一枚一枚の写真に、そうした吉川さんのヒストリーがつまっているのでしょうね。

 

写真をもらった皆さん!

吉川さんに感謝して、これからも写真を大切にしていきましょう~。

 

💡 今回のブログ記事で使用している画像は、すべて吉川さんの作品です。