さて、占い依存症シリーズの第7回目です。

占い師は、依存症のお客をどのような目で見ているのか?

どうです、ちょっと気になるでしょう。

 

「占い師にとって、依存のお客はありがたいだろう」と思いますか?

まあ、重度のリピーターですからねえ。

 

私は少々苦手というか……。

まず単純に、お客様としてのマナーがあまり良くありません。

 

・値切る! (「5分500円で占って!」といった人もいます。筮竹さばくだけで終わってしまいますよ)

・次に予約があるといったのに時間超過する! (とことんまで聞いてほしい様子)

・「私を幸せにして」「私を救って」といってくる! (それはあなたの仕事です)

 

まぁ、いろいろなことに余裕がないのでしょうな。

 

私はどちらかというと、依存系の依頼はお断りする方です。

しかし「今のあなたに占いは必要ないですよ」というのにも時間がかかっちゃって。

これが値上げの一因でもありますね。

 

 

「占い師は、お客を依存させてリピーターにさせているのだろう」ですか。

いやあ、それもどうですかねえ。

 

以前、依存系のお客様が多い占い師に話を聞いたことがあります。

とっても、たーいへんそうでしたよ。

 

お客様からの電話は、昼夜の別なくかかってきます。

二時間三時間の長電話は当たり前。

その内容は非常にネガティブで、聞くだけでも疲れてしまうものです。

 

またさらに、未払いがかなりあるそうです。

➡ そこは、後払い制にしています。依存の人には「今すぐ話したい!」というニーズが強くあるので、先払いだと集客できないのでしょう。

 

一回占って未払いで、「もう一度その占い師と話したい」となった時、はじめて入金する人も珍しくないとか……。

 

でも、ブラックリストに載せることはしないそうです。

「はーい、前回の支払ってくれたかな~? はい、ありがとう~。じゃあ、今日は何かな?」とサラッと流すそうです。

 

天使かよ。

 

その人は「依存させてる」のでしょうか?

いやあ、全力でニーズに応えようとしているだけだと思いますよ。

 

教訓:どんな商売でも、楽して儲かるなんて話はありません。

 

 

いろいろ言いましたが、依存している方を非難しているわけではありませんよ。

精神状態が悪いと、そういった思考になりがちなのでしょう。

 

それに「お金を払って相談しようとするだけまだマシ」なのです。

日本では「愚痴や不安は他人にぶちまけるべきではない」という意識が薄いようです。

甘え文化だからですかね?

 

世の中には「自分が愛している者には、際限なく感情をぶつけてもいいのだ」と考える人たちがいます。

💡 恋愛・結婚問題の大半のトラブルは、これ↑に帰着するといってもいいです。

 

自分より目下の逃げられない人に、自分の不安・鬱憤・モヤモヤをぶつける人はた~くさんいます。

そんな人たちより「自分は占い依存症だ」と自覚しつつ占いをしている方のほうが、よっぽど高級だと思いますね。

 

そもそも「自分は依存症だ」と自覚することは、大変勇気のいることです。

問題意識があれば、治ったも同然ですよ。

 

 

過去あなたは、占いが必要だったのですね。

しかし、依存的な占いの使い方はそろそろ卒業しなければなりません。

 

すべての答えは自分の中にあります。

またあなたの幸福は、あなたが作り出すしかありません。

自分と和解できた時、あなたの依存症は必ず治るでしょう。

 

今回で、このシリーズはひとまず終わります。

あなたが、自分の依存心と決別できますように!

 

Lesson 7

あなたの幸せを実現するために、今自分に何ができますか? それを実行してください。