こんにちは! 黄玉です。

今日はひとつ、他愛ない話でも……。

 

ある日私は、本屋にいきました。

 

すると雑誌コーナーに、妙な中年女性二人連れがいました。

一人がもう一人の背中と首をはさむようにして、気功? ハンドパワー? で、気を送っているようです。

友だち同士?……気功特集の雑誌を読んで、やっているのでしょうか。

 

まあいいか。

 

私が書棚の間をぶらぶらしていると、さっき気を送ってた方の人が声をかけてきました。

 

「あのー、すみません」

「!」

 

その時私は、まるで格闘マンガの登場人物のように、ズザッと後ずさってしまいました。

気功してた→声をかけてくる→怪しい宗教の勧誘? と瞬時に連想したのでしょう。

相手も私の過剰反応にびっくりしたようです。

 

その人は美形で背が高くスラッとしていて、かなり身なりのいい女性です。

タイトルに「おばさん」と書いていますが「セレブマダム」といった方が適当です。

 

「や、やだわ~。そんなにこわいことしないわよ」

「なんですか」

「いえね、肩こってないかと思って」

「こってません」

私はそういって、脱兎のごとく駆け出しました。

 

 

だって外気功(気のパワーを他人に与える)でしょ~?

私とその人との相性が悪かったら、かえって悪影響が出るではないですか。

それにもしかして、反対に気を吸われるかも……。

 

と、相手より数段オカルティックなことを考えていたからです。

 

その人からは悪人オーラは感じませんでしたが、詐欺師とは常に身なりがよく、愛想がいいものです。

このシリーズをご参考に。

 

また占いの世界でもそうなのですが、押し売りをしてくる時点で、たいした能力ではないのですね。

仮に善意100%だとしても、善意だからこそ手に負えない。

そんな未来が予想できたので、さっさとトンズラしてきたというわけです。

 

それにもっと現実的なことをいうと、ケチャップ詐欺(マスタード・ディップ)のバリエーションかもしれませんよ?

見知らぬ他人に背後を取らせるなんて、ありえないですね。

俺の後ろに立つな……。

 

今後、皆さまもスピリチュアルパワーの押し売りに出会うかもしれませんが、

あまり深入りはしない方がいいと思いますね。

 

(自分だって怪しい易者のくせに)

 

ま、まあ、それではまた~!