こんにちは! 黄玉です。

春寒の候、いかがお過ごしですか?

 

今日は会話にまつわるトピックです。

あなたも一度は「ただ話を聞いてほしいだけなのに」と思った/言われたことがあるかもしれません。

ですがこれ、実はかなり厄介な欲望でして。

 

この世の中には「アドバイスなんかいらない。話を聞いてほしいだけ」という人がいます。

特に女性はそういう方が多いですね。

話を聞いてもらえないとなると「ただ話を聞くだけなのに。それくらいやってくれてもいいんじゃないの?」と不機嫌になります。

 

ですが「話を聞く」というのは、かなり高度なスキルです。

カウンセラーや愚痴聞き屋など、それ専門の職種があるくらいです。

 

「ただ話を聞いてほしい」というのは、

「私をわかって! 私を受け入れて! 私を受け止めて!」ということです。

子が親にいい、親友にいい、配偶者にいうんなら、まあいいでしょう。

 

しかし「ただ聞いて」の人は、

たいして深い関係でもない、知人レベルの人たちにまで、最高度の受容を求めます。

 

さらにこの場合の「話=単なる愚痴」です。

解決策を求めず、自分でも本気で改善するつもりはありません。

 

 

今回は何だか厳しいじゃん? 占い師のくせに。

占い師だからこそです!

 

占い師は、お客様の話を聞くのが仕事、というところがあります。

ですがそれは「占いに必要だから」です。

 

過去、このような体験がありました。

 

私は若い頃、対面鑑定をしていました。

繁華街の地下の一角で、雇われ占い師をやっていたのです。

何分占っていくらという、時間制のお店ですね。

 

さて、そこにきた男性のお客様。

最初の一回はよかったのですが、二回目からフツーじゃない。

仮にAさんとしましょう。

 

私「今日は何を占いますか?」

A「じゃ~、○○を」

私「はい」(何十分か経過)

A「で、あの人があーでこーで、どーで……」

私「あの、お時間かなり経過していますが大丈夫ですか?」

※私はお客様が「えっ、もう〇〇分経ってたの?」とビックリしないよう、途中で声をおかけしていました。

 

A「いいじゃん。ただ聞いてもらうだけなんだから」

私「は?」

A「占いしてもらうんじゃないから、いいでしょ? ほら、カードさわったりしてないし」

 

つまりAさんは「タロットカードを展開したり、筮竹をさばいて占い結果を告げる時間以外は、すべてタダでいいでしょ? だって、ただ話を聞くだけなんだから」というのです。

 

あっはっは。おヘソで茶がわいちゃうよ。

 

私「これも占いのうちに入ってます」

A「ちがうやん。ただ話聞いてるだけやん」

私「ここ時間制で、そういうシステムですから」

 

そして「払え」「別にいいだろ」の押し問答が長々と続きます……。

 

A「いいじゃ~ん? ただ話を聞くだけなんだから」

私「……ハッ、そりゃあね! 私がオマケしてあげることはできますよ。い~くらだってできますよ。

でも私ね、ここのオーナーじゃないんで。雇われてるだけなんで。

それでオーナーから、売上売上っていわれてますから!」(別にそこまで言われてなかったですけど)

A「あ~、じゃあ、払う、払うよ!」

私「当然でしょう」

A「じゃあ、これくらいで」

私「足りません!」

 

私この時、押し問答してた時間のお金はもらってませんからね。

 

Aさんよ、今からでも遅くはない。過去の罪状を悔い改めよ。

さもなくば、そなたは衆人から卑しまれ、焦唇乾舌(しょうしんかんぜつ)の禍を免れ得ないであろう!

(=人間関係でのトラブルが絶えないでしょう)

 

おっと、ついついヒートアップしてしまいましたね。

でも「ただ聞いて」の人が、いつか周りから見放されてしまうというのは本当ですよ。

 

 

だってこの人たち「ただ」聞くだけだと思っているのですからね。

相手の話に耳を傾け、受容するというのがいかに大変なことか。

その重みがまったくわかっていない。

 

そして「ただ」聞くだけなんだからと、聞いてもらった相手に感謝することはない。

人の時間を奪い、イヤな気分にさせ、そんな自分を恥じることもないのです。

 

さらにバッドなのは「愚痴を聞かされることによって、こちらも愚痴を言いたくなる」ということです。

イヤな気分=波動の低下=不運です。

つまりタダ聞かせの人たちは、周囲に不運・不幸をバラまいているのです!

 

さあ、もうおわかりでしょう。

あなたがいくら「話くらい聞いてあげなくちゃ」と寛容な気分でいたところで、奴らはあなたに感謝することなど一切ないのです。

「あなたには自分を最大限に受容してもらいたい/でも自分は何も返したくない」のです。

 

というわけで、次からはタダ聞かせの撃退方法を見ていきましょう。

 

 

まず「ただ、うんうんと言って聞いてあげる」のは絶対NGです。

あなたは傾聴ボランティアでも何でもないのですよ。

 

それに「ただ聞いてあげる」と、相手は「この人なら自分の話を聞いてくれる」と勘違いします。

 

あなたが相手の話にウンザリしているのなら、断固たる態度を取らねばなりません。

こんなふうに!

 

「またその話? 進歩ないわね」(見下し)「そんなにイヤならやめれば?」(正論)「そりゃあんたが悪いわ。少しは反省しなさいよ」(非難)「まずは今の現状に満足しないとね」(スピリチュアル)「みんな我慢してるんだから」(日本の伝統)「その人にはその人の考えがあるんでしょ」(中立)「何よそれくらい。そんなことよりね……」(自分の話にすり替え)「世の中は自分のためにあるのではなく、世の中で自分がどう生きるかなのよ」(眉村卓)「自分から幸福になる努力をしなくちゃ。そんなことじゃ何も変わらないわよ」(説教)「つまんない毎日送ってんのねえ~。それよりあたし、この前フランスに行ってきてさあ~」(自慢)「よく他人のことそこまでいえるわね。あたしのことだってどういってるかわかったもんじゃないわ」(攻撃)「どうせ愚痴ばっかなんでしょ? もう会いたくないわ」(面会謝絶)

 

え、え~……そんなこというの?

 

そうです!

奴らは精神的マスターベーションの相手として、あなたを狙っているのですよ。

これは正当防衛です。

相手の話の腰を折って、話したい欲求をくじき、反対にモヤモヤした気分を味わわせてやるのです!

 

とどめはこうです。

「そりゃあ、理不尽なこと、我慢できんことはいろいろあるわな。けどな、みんな我慢しとるんやで。あんたもいい大人なんやから。イヤなことはぐっと飲みこんで、ただ黙っといたらええんやで」

関西弁・説教・大人だから、の封殺技です。

 

ふう、ここまではやりたくないですね。

しかし、これも我が身を守るためです。仕方ありません。

 

まあ大人ならば「ただ話を聞いてほしい」の中にある

「自分に賛同してほしい、認めてほしい、同調してほしい」って強烈なエゴを自覚しておくべきですね。

 

どうしても「話を聞いてほしい!」ってときは

占い師やカウンセリング、愚痴聞き屋さんを利用するのがたしなみですよ。

 

あなたが愚痴をいってスッキリしたぶんだけ、相手はそのストレスを背負っているのです。

あなたが何の気なしにいった愚痴が、いつか人間関係を崩壊させるかもしれない……。

その事実は、ゆめゆめ忘れないようにしましょう。

 

それではまた~!