こんにちは~。黄玉です。

今日はひとつ、エゴ(我執)について語ってみましょう。

 

ここでのエゴの意味は「自分が、自分が!」という気持ちです。

自分の能力、地位、環境、プライド、価値観、財産、人間関係が脅かされるような状況の時に出てくる「恐怖」です。

自分はダメだ、でもリスクは負いたくない、ずっとこのままでいたい、隣の席のあいつが妬ましい、いや自分の方がイケてるはず、もっと欲しい、まだ足りない、失いたくない、老後が不安だ、他人は信用できない、傷つきたくない、でも一人はいやだ、見捨てられたらどうしよう……。

 

あ、もう十分ですか?

あらゆるネガティブな気持ちの源泉ってカンジですね。

現代社会に生きる人ならば、誰もが持っているココロでしょう。

 

占い・スピリチュアル業界では特に嫌われていますね。

「エゴは捨てろ」「エゴにとらわれるな」と喧伝されています。

では、そのエゴを愛するとはいかに?

 

 

まず、人はなぜ占いをするのでしょうか。

未来のことが知りたいから。へえ、それはなぜ。

根底に「うまいことやりたい」「傷つきたくない」「勝利をつかみたい」との気持ちがあるからでしょう。

 

占いで取り扱う問題は、8~9割がエゴ由来の問題です。

「浮気した夫が憎い」「おべっか野郎の同僚が妬ましい」「自分から連絡したくないけど、異性から連絡がほしい」

どれもこれも、エゴから発生している質問です。

 

人間だもの。欲望があるのは当然。

 

ですがこのブログでよく言っているように「執着こそが最大の敵」なのです。

何事かにこだわりまくっている方は、どれだけのスキルと強運があったとしても、うまくいきません。

 

真に成功するためには執着を捨てなければなりません。

それ即ち、エゴを捨て、悟りを開くということです。

 

 

おいおい、お釈迦さまのように、悟りを開けっていうのかよ。

そうでんがな。

だってそうでないと、いつまでたっても獲得ゲームに惑わされっぱなしですよ?

仕事がほしい、恋人がほしい、家がほしい。

そのそれぞれに「もしうまくいかなかったらどうしよう」「もし失ったらどうしよう」的な気持ちが付随してくるわけです。

その恐れや執着は、自分自身の運気をさまたげてしまいます。

 

それじゃ~、根本的な解決にはなりませんよね。

いつかはそのループから抜け出さなきゃいけません。

 

 

じゃあ望みを持つのは悪いことなの? 自分の意志を放棄すべきなの?

そうはいってませんよ。

自分のエゴををコントロールすべきだと言っているのです。

 

はい、ここで一枚の写真をご紹介しましょう。

フィリップ・プティ。

フランスの大道芸人で、地上110階で綱渡りをしたアホタレ……もとい、夢追い人です。

 

こういう人は、きっと占いはしませんね。

「無事に綱渡りできるだろうか?」……そんなこと考えてたら墜落死しますよ。

そこに不安の入り込む余地はないのです。

 

もし地上110階で綱渡りをしたいなら、不安や心配は捨てないといけないでしょうね。

それは何の役にも立ちません。むしろすっごい邪魔になります。

 

自分のやりたいことに100%集中していれば、不安なんて消えてしまいますよ。

 

少々厳しいことをいいますが、エゴに振り回されて

「不安不安、毎日不安でどうしようもない!」って人は、自分の人生に集中できていないのですよ。

また、考えてばかりで実際に行動に移していない、とかね。

 

「安心したい」って気持ちもクセモノです。

恋愛 → 自分が傷つきたくない

仕事 → 自分が失敗したくない

金銭 → 自分のお金を失いたくない

 

あーあ、そんなに自分が大事ですか?

それでは世界を変えることはできませんなあ。

 

 

まあ、いきなり解脱できるかっていうと、そうもできませんよね。

ですから、まずは自分の不安な気持ちをコントロールしてみては?

 

彼からラインが来なくても、すぐに「浮気だ!」と思うのはやめましょう。

「もし彼が浮気してたら」「もし二股かけられてたら」「もし飽きられたら」……

それらは、自分の「愛されていたい」「彼を失いたくない」という防衛本能から発生した気持ちです。

 

その思いに振り回されて追撃メールや糾弾行為をしていると、

ちょっとよろしくない結果になってしまいますよ。

 

しかし、そんなにカンタンにエゴを捨てられるわけもなく……。(つづく)

 

自分のエゴ(我執)を愛する方法 その2