寒い毎日ですねえ。

周りでは風邪が流行っております、皆様もお気をつけください。

 

さてある時、一本の留守電が入っていました。

「近畿経済産業局の、○○と申します。以前ご回答頂いたアンケートについて、お伺いしたいことがありまして……」

 

私は折り返し電話をしようと思いましたが、手をとめました。

そんなアンケート、答えたっけ?

お役所を名乗ってるところもアヤシイ。

権威づけのテクニックでしょう。

 

最寄りのローカル警察局に電話します。

「……という電話がかかってきたんですが、詐欺でしょうか?」

「あー、そのまま放っといて大丈夫ですよ」

あっ、別に調査しないのね。

 

 

うーむ、これが詐欺犯人の声なのか。

私は以前電話占いをやっていたことがあり、その時「声から真贋を見極める」練習をしていました。

 

何て真に迫った演技なのだろう。

この堂々とした話しぶり。罪悪感は微塵もないと思われます。

営業マンのように流暢でなく、やや素人っぽいところも素晴らしい。

彼は役者としてはパーフェクトだ! 百年に一度の天才だ! ブラボー!

 

……ちょっと気になるな。

 

一応、その電話番号をネットで検索してみます。

「消費税転嫁対策室」の電話番号でした。

 

あれ、本物?

こっちから公式の電話にかけて、他の人が出て、その方に取り次いでもらったので、まあ99.9%本物でしょう。

 

アンケートに答えていたことを失念しておりました。

だって去年の10月のアンケートですよ。そりゃ忘れてしまいますがな。

「このアンケートの通り、何も問題はないですね?」という確認のお電話でした。

 

というわけで、つつがなく調査は終わりました。

こういうの、ほんとに電話での追跡調査があるんですね。

 

お役所の方、疑ってすみませんねえ。

でもこれくらいした方がよさげな世の中なので。

 

こういう、疑り深い占い師の日常でした。

犯人の方、このネタで振り込め詐欺の脚本を書かないでくださいね。

それではまた~。