皆さまこんにちは。

新年からこの方、孤独死に興味が出てきた黄玉でっす!

 

まったく、占い師にあるまじき縁起の悪さですね。

このブログはいつもこんな調子です。

 

 

さて、この記事の末尾にもあったように、キーパーズからエンディングノートを取り寄せました。

 

早速、記入してみましょう。

 

・お墓→○○に購入予定。

・遺言執行人→いずれ決める。弁護士か司法書士の人に頼むべき? 私より若い人がいい。

・宝石、鉱物→どうしよう? まだ未定。

 

「~~する予定」「まだわからない」の欄が多数ですが、仕方ないですね。

 

「尊厳死」「献体」「葬儀について」「銀行口座」「連絡してほしい人」などは記入しました。

 

💡 これからの老人用に、メール、ホームページ、ネット銀行のパスワードなど、デジタル財産をどうするか的なページがあればもっと良いと思いました。

 

PCとメールのパスワード、サイトのログインパスワードはこれで、もし私が死亡したら○○さんに連絡して、お知らせのバナーと訃報記事をアップしてもらう……と。

ここがいちばん面倒くさいですね。

 

さて記入したノートを、よく使う引き出しの中に入れておきます。

これで特殊清掃員の方に「おっ、我が社で配布しているエンディングノートがあるぞ」と発見してもらえるでしょう。(美談?)

 

 

しばらくすると……。

 

あれ、私の人生ってつまらないな。

と気づきました。

 

わあ、知りたくない現実……。

 

た、大変だ!

こんなことをしてる場合じゃない。

早く○○やらなきゃ!

 

 

エンディングノートに記入するためには、今までの人生を振り返らなければいけません。

そして、残された自分の命を思います。

これに記入すると、自然と「これからどうするべきか?」の気持ちが定まるのです。

 

よく「やりたいことをノートに書いてみよう」的なメソッドがありますね。

エンディングノートを書けば、自分の死を見つめることによって、心の底の願望が強制的に浮かび上がってきます。

人生に迷っている方には、オススメです!

 

もしかしてエンディングノートって、120才になってから書いても遅いのでは?

その時「ああしたかった」「こうもしたかった!」と気づいても、ちょっと……。

「来世の予定ノート」になってしまうではないですか。

 

 

いやあ、縁起が悪いなんてとんでもない。

若い人こそ、元日にエンディングノートを書くべきですよ。

そうすれば、より良い人生を生きられるでしょう。

 

ネットで無料ダウンロードできるものがたくさんありますので、

まずはそちらで下書きしてみてはいかが?

PDF版とWord版の両方があったり、何かと便利です。

 

エンディングノートに法的効力はありませんが、豊かな心理的効用はありますよ。

さあ、メメント・モリで残りの人生をエンジョイしましょう!

それではまた~。