2018年、明けましておめでとうございます!!

今年も易者として精進して参りたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さてお正月です。

正月休みの皆さまに役立つような情報をお届けしたいですね。

実用的で、いざという時に使えるような……。

 

では今回は「最も役に立つ直感の使い方 ~直感で犯罪被害防止!~」をテーマにしましょう。

正月から犯罪ネタ。当ブログはそういうところです。

 

 

ここで一冊の本を紹介しましょう。

『暴力から逃れるための15章』 著 ギャヴィン・ディー=ベッカー です。

2018年現在『暴力を知らせる直感の力 ──悲劇を回避する15の知恵』として、改訂版が出版されています。

 

これは「人はどうやったら犯罪を避けられるか?」の一大テーマに取り組んだ本です。

この著者は幼い頃から凄惨な家庭内暴力に遭っており、かつ今では重要人物を守る警備会社の社長さんです。

まさに、生き残るためのスペシャリストだと申せましょう。

 

この著者が一貫して主張しているのは

「直感を信じろ! そうすれば助かるぜ!ということです。

 

この本を参考にしながら、私の犯罪者との遭遇と、その時の直感の用い方について見ていきましょう。

ぜ~んぶ実話です。

 

 

2014年4月、私はシンガポールに一人で旅行に行きました。

シンガポールってどんなとこかな~、と興味が出たのです。

 

旅行初日の午前中9時半くらい、私は「National Orchid Garden(シンガポール国立ラン園)を訪れました。

のんびり遊歩道を歩いていると、途中、小柄でやせた白髪の老人があいさつをしてきました。

太極拳でもやってそうな感じの、中華系の70代くらいのおじいさんです。

私は、あいさつを返して通りすぎました。

 

その後いろいろなエリアを見て回りました。一時間くらい経っていたと思います。

 

公園内のオープンカフェでオレンジジュースを飲んでいると、その老人が前を通りかかりました。

視線が合います。

私は「あっ、さっき会った人だな」と思いました。

老人は、にこにこしながらこっちに近寄ってきます。

 

その老人は、私の近くに座っていた、クリーム色のラブラドール犬を連れた白人男性にも親しげに挨拶をしました。

男性は老人に挨拶を返しましたが、すぐにフイと目を伏せました。

あれ? 何だか男性の表情が冷たいような……。

 

💡 なんでこんな描写が必要なのか、と思うかもしれません。

これは『些細なことだが、妙におかしいと思った』ことなのです。

私は「あれ、このおじいさんは男の人と知り合いなのか? そうじゃないのか?」と感じました。

 

 

老人は片言の日本語で「こんにちは。どこから来たのかね?」的なことを言ってきます。

私は「これは中国語の練習になるだろう」と思って、すべて中国語で話すことにしました。

以下、私の発言はカタコトの中国語です。

 

私「わたし大阪からきた」(神戸の発音を忘れたので、大阪といった)

老「あれ、あなた日本人ではない? 台湾人ですか?」

私「わたし日本人」

老「そうかね。それにしてはずいぶんなまっているねぇ。台湾人かと思ったよ」

私「わたしの中国語の先生、台湾人」

老「ふうん、そうなのかい。私の妻は日本人なんだよ。大阪の下のあの場所……なんだっけ」

私「和歌山?」

老「そうそう、和歌山出身なんだよ~」

 

仲間意識の押しつけ

さて、ディーベッカー先生は、犯罪者の使う心理テクニックをいろいろと紹介しています。

そのひとつがこれですね。老人は私の出身地を聞いてから「私の妻の出身地は、あなたの故郷と近い」という情報を与えました。

もし私が東京だといったら、神奈川だといったかもしれません。

こうやって、相手との心理的な距離を縮めようとするのです。

 

老「私はすぐ近所に住んでるんだ。毎朝散歩にくるんだよ」

私「そうか」

老「シンガポールはいいところだよ。〇〇がきれいで、△△も美味しいし~」

私「そうか」

老「私の名前は〇〇だよ」

私「よくわからない。紙に書いてくれ」

 

老人は繁体字で、なかなか達筆な文字を書きました。

後で発音を調べるために、紙をもらおうとしましたが、老人は紙を懐にしまってしまいました。

というわけで、この人の名前はわからないままです。

 

親切

明るく親しげで、いい人そうです。でも私とこの人は、まったくの初対面なんですよね。

セールスマンも博打うちも、笑顔を忘れません。なぜならカモに逃げられると困るからです。

 

老「じゃあ、これから××へ行かないかい? 案内してあげるよ」

その時私は「××」というのが、何だか聞き取れなかったのです。

 

そしてこのラン園は、めちゃくちゃ広いです。

この公園内の名所スポットへ連れて行ってくれるのかな~と思いました。

 

老人の後にてくてくついていくと、妙に人気がなくなってきます……。

「?」と思っていると、駐車場につきました。

 

 

そこには一台の車があります。

あれ、さっき近所に住んでるって言ってなかったっけ。

近所に住んでる人がどうして車で来てるの?

 

また、この公園の周りは高級住宅地です。

そのわりには、別に高級車ではありません。シンガポール中を普通に走っていそうな車です。

 

老「さあさあ、乗って!」

 

車=密室=犯罪

 

私もレディーですもの。

相手が枯れススキのような老人でも、ためらってしまいますわ。

 

私「…………あなた、よくない人か?」

直球な質問です。語彙力がないのでこうなってしまいます。

 

老「……は、ハハハ! 何を言ってるんだい! そんなことはない。全然ないよ! ほらこのアルバムを見て、これが私の妻だよ。そしてこれが日本人の××さんで~」

老人は、車のダッシュボードからアルバムを取り出して見せてくれました。

中には、奥さんと友人らしき人が写っています。

 

私は「ふーん、そうか。まさかね」と思って、車に乗りこみました。

 

 

「おい、バカがここにいるぞ!」

 

ほんとですね。

けれどあなたも当事者になったら、どうなるかわかりませんよ~。

向こうもプロだから、ついていかせるオーラが出てるんですって。

 

また、こういう時はよく「平和ボケ」といわれますが、それはちょっと違います。

警戒はしてますよ。

しかしそのせいで、うまくリラックスできていないのです。

だから、より大きな違和感に気づかない。

 

💡 360度すべてのことに警戒していると、時々とんでもないポカをやらかします。

 

「なんでそんな簡単な手口に……」という時は、この心理が作用しているのではないかと思います。

基本はリラックスして、必要な時だけ警戒するべきですね。

 

さて、怪しげな老人の車に乗ってしまったカモはどうなるのか?

明日に続く!

 

 

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

なんとゴルゴ13×外務省の、安全対策漫画です。大変面白いですよ。お正月休みにぜひどうぞ。