メリークリスマス! 今日はクリスマスイブですね。

皆さまは、恋人家族友人との絆を深めているでしょう。

しかし私は平常運転で、ブログを更新するのみです。

 

さて今回は、以前書いた占い師は見た。これが「不幸な人」の習性だ!とも関連のあるテーマです。

人はなぜ変われないのか? についてです。

 

 

(1)開運アドバイスに抵抗を覚える人たち

 

今日も全国の鑑定所で、こんなシーンが展開されているはずです。

(※この事例は、よくあるケースをカリカチュアライズして書いたものです)

 

お客様「将来を真剣に考えられるような彼女がほしい! 一体どうすればいいですか?」

私「わかりました。占いましょう……歯を磨いてください」

お客様「は?」

私「歯です。毎食後、必ず歯を磨くようにとのお告げです。これをすれば、恋愛運が飛躍的に上昇します。間もなく、天使のような運命の異性が現れるでしょう」

お客様「ま、待ってください。何か他の方法はないですか?」

私「は?」

お客様「仕事は外回りの営業なんです。だから毎食後というのは、ちょっと難しいかも……」

 

歯くらい磨けよ。

と、他人のことならそう思うでしょう。

 

しかし!

人間は現状維持が大好きです。

なかなか新しい習慣を取り入れられません。

 

そして占いでのアドバイスは、一見何でもないように思えても、実はその人を本質的に変えてしまう行動なのです。

ですから、たいていの人はここで多大な抵抗感を覚えます。

 

(2)次善の策はほとんど効きません

 

お客様「歯を磨くのはちょっと……。何か次善の策はないですか? たとえば合コンに出席するのによい方角とか、ジムに通うとか」

私「うーん、特に現れてはいませんが」

 

こういう場合、お客様は「次善の策」を求めます。

しかし残念ながら、それはほとんど効果がありません。やってもやらなくても一緒レベルです。

最善の策が「10」なら、次善の策は「2か3」です。

「次善」だからといって「9」の効果があるわけではありません。

 

 

(3)言い訳はお金と時間

 

お客様「だって忙しいんですよ。ご飯食べたらすぐ次のルートに行かなきゃいけないし」

私「手塚治虫やスティーブ・ジョブズも、歯磨きする時間はあったと思いますよ」

お客様「その人たちはお金あるから!」

私「100円均一の歯ブラシでもいいんですよ」

 

基本的に私のアドバイスは、本人がやる気を出せばできるものです。

「ファッションを変えてみては」「LINEをはじめてみましょう」程度のもので、

「そなたの息子を生け贄に捧げよ!」「全財産を喜捨せよ」だの、言ってるわけではありません。

 

(4)保障がないことはしたくないもん

 

お客様「でもでも、歯磨きしてる人なんて、いっぱいいるでしょ? 歯磨きしただけでモテるなんて……」

私「フッ」

 

世の人はこう言います。

「開運法なんて効くわけないさあ。それなら誰だって大金持ちさ」

で、あなたそれやってみたの?

 

人間は現状維持が大好きです。

けれどどこかひとつが変われば、すべてが変わる可能性があるのです。

 

確かに「歯磨きだけ」で恋愛運アップはしないかもしれません。

しかし「何で歯磨きなんだ? まさが口臭があるとか……にんにくライスばっかり頼むのやめようかな~」と、少しずつ意識が変化していく可能性があるのです。

 

占いでの開運アドバイスとは、その後に起こりうる変化を想定したものです。

「ここを変えれば、あなたはすべてが変わる可能性があるよ」という意味を含んでいます。

 

 

(5)だってめんどうなんだもん

 

お客様「ううっ……歯磨き……ですか……。う~ん、でも……」

私「なぜそこまでイヤなんですか? 歯磨きにトラウマでも?」

お客様「だってめんどうじゃないですか」

 

人間はラクをしたい! これはもう本能です。

・水くみ、イヤだなあ → 水道の設置

・座ってる間に目的地につかないかなあ → 電車、飛行機、スペースシャトルなど

・家から一歩も出たくないけど、かわい子ちゃんと遊びたいなあ → 出会い系アプリ、デリバリーヘルス、ラブドールなど

 

しょうがないよね、本能だから。でも成功したいんでしょう?

 

タロット8「力」でも書きましたが、何かを成し遂げるためには、理性を総動員して、苦難を乗り越えなければなりません。

「今のあなたそのままでOK! 深夜にラーメンとアイスを食べながらダイエット☆」は単なる詐欺です。

 

お客様「ええ~、そうなんですかあ……」

私「まあ、占いでは一応こう出ていますよ」

 

さて、開運法は実践されるのか?!

かなり長くなってしまったので、いったんここで切りましょう。

明日に続きます。