「星」のカードです。

明るい星空の下、泉と大地に水を注ぐ女性が描かれています。

 

これは「夢と希望」にまつわるカードです。

頭上には明るく輝く星があります。

今やっていることの方向性はOKです。そのまま進んでいきましょう。

 

このカードは、恋愛にしても、プラトニックな関係ですね。

友情婚に至るカップルのような、そんな組み合わせです。

 

壺の中の水を大地に注ぐ=自分が持っているものを他者に与える、という意味にもなります。

奉仕の精神を大切にしましょう。

 

その他にも「裸一貫からのまき直し」など。

そんな直接的な解釈でええんかい。

いいのです。「星」の意味にぴったりですから。

 

 

しかし、星って遠~いですよね。

夢を実現させるためには、てくてく歩いていかなければなりません。

「星までどうやって辿りつけるのだろう、そんなことできっこない、ああ路銀も底をついた、こんなことしてて将来どうなるんだろう、友だちはみんな結婚してるし、もう田舎へ帰ろうか……」などとブツブツ言っていては、星を見失ってしまいます。

 

そもそもこのカードに描かれている女性は、何で全裸なのでしょう?

これは身を飾るものが何もない=ピュアな心、純粋さを表します。

※エロチックな意味は全然ありません。

 

こんなふうに、理想だけを抱いて、まっすぐに進みましょう。

そうすればいつか星をつかむことができます。

 

 

ある程度占いをやってて思うのは

「私は〇〇になれますか」という質問が、いかにナンセンスかということです。

向いているかどうかは言えますよ。

しかし「適性がある」だけでは、ままならないのが世の常でして……。

 

才能って、最初からポンとあるわけではないのですよね。

もともとの資質、本人の努力とやる気、人との出会いなど、さまざまな要因が絡み合っているのです。

なので、まずはご自分である程度努力して、才能を磨いてくださいね。

 

💡 そのうえで「〇〇になるためにはどうすればいいか」とお尋ねください。

易占いで、あなたにぴったりのメッセージをお届けします!

ここは易サイトですので、そこんとこヨロシク。

 

 

星からのメッセージ「すべてを失ったとしても、自分のなかにある泉は涸れないわ」