大鎌を抱えた「死神」です。死の使いです。

 

対面鑑定の場合、このカード(それに悪魔や塔、剣10)が出ると、

「ああ、死神のカードだ。もうダメなんですね!」と仰る方がいますが、落ち着きましょう。

このカードは「あるサイクルの終わり」を表しているだけです。

 

「死神」の背後には、朝日が見えています。夜明けがやってきました。

特に、精神的な問題に悩んでいた方にとっては、大ラッキーカードです。

 💡 過去の自分を葬ることによって、新しい人生を生きられるでしょう。

 

しかし、物質的な事柄に関しては、あんまり……。

新規にはじめようとした事に対して「やめとけ」「可能性はない」との警告の意味で出ることがあります。

どちらの意味なのかは、周りのカードで判断しましょう。

まあ、それが最も難しいところなのですが。

 

 

でも基本的に、タロットには良いカードも悪いカードもありませんよ。

「死神」が「新生」を意味し、「塔」が「斬新なアイデアを得る(=固定観念の崩壊)」となったりします。

 

結婚直前のラブラブカップルを占って、死神や塔、剣10がずらずら出たことがありました。

これは「今までの独身生活の終わりと、それに対する心理的動揺」を表しているのです。

 

タロット占いでは、自由な発想を大切にしてください。

「〇〇は良い/悪いカードなんだ」にとらわれないようにしましょう。

 

 

死神からのメッセージ「もしこの世に死がなかったらどうなるだろう? それは地獄だよ」