こんにちは。易者の黄玉です。

昨年からの宿題となっている、タロット話をそろそろしましょう!

 

しかしまあ、きちんとした解釈はタロッティストの皆さんがなさっているので、

私はテキトーかつ実占に即した、まあいいかげんな話をしていきましょう。

ちなみに今は易オンリーです。

 

 

最初は「愚者」です。

崖っぷちを軽装で歩く若者(FOOL)が描かれています。

 

愚者のカードは、仕事でも恋愛でも

「風の向くまま気の向くまま。ゴハンがあれば食べるし、なければないで何とかなるさ!

今日もいい天気だな!」

というような、お気楽~な状態を表します。

 

自分なりの定見や、将来設計といったものは何ひとつ持っていません。

良くいえば一瞬一瞬を全力で生きていますが、

悪くいえば100%ノータリンです。

 

まあ「未知なる可能性」といえばそうなんですが、

現実では、仕事恋愛共にややネガティブな状態を表します。

 

💡 本人は何も気にしていない、というところがポイントです。

 

タロットカードに付属している「意味辞典」なんかを紐解くと、

「純粋な愛情」「型にはまらない関係を好む」「自由気ままな恋愛」などと書いていますが……。

 

女「昨日はどこにいたの?」

男「そんな昔のことは忘れたよ」

女「今夜は一緒にいられるかしら?」

男「そんな先のことはわからないね」

女「赤ちゃんができたみたいなんだけど」

男「キャベツ畑からやってきたんだろう」

 

これくらいの無責任さですよ。

 

女性は「自分と付き合っている=自分のことが好きだからだろう」と思いがちですが、

(まあ普通はそう思うよね)

そうではないケースもあります。

 

ですから「FOOLな彼に変わってほしい!」と思っても、ムダです。

だって本人は、現状に満足しているのですから。

 

 

愚者からのメッセージ「あらゆるものから自由になれ」