皆様こんにちは。易者の黄玉です。

最近はめっきり過ごしやすくなりましたね。

 

さて、毎度おなじみ花買いコーナーです。

私は友人知人にも、この開運方法を勧めています。

けれど窓開けはやっても、花買いまでやる人は少ないですね。

方位と時間、その二つのハードルが高いのでしょう。

 

けれど最近、ついに「花買いをやってみた!」という話を聞きました。

ここでは、仮にAさんとしておきましょう。仕事関係の人です。

💡 ご本人からの承諾を得て記載しています。

 

 

Aさん「この前教えてもらった花買いですが、とうとうやったんですよ!

ちょうどいい方角に花屋があったので、時間ぴったりに行ってみました」

私「ほうほう、それで?」

A「でもそこ、葉っぱものしかなくて。花が一輪も売ってなかったんです」

私「葉っぱもの? 園芸店だったんですか? 観葉植物ばかりだとか?」

A「いや、普通の花屋だと思いますが。

もしかしたら、お客さんが来なさすぎて、仕入れしてないのかも……」

 

どんな花屋やねん。

つぶれかけ寸前なのでしょうか?

 

「花のない花屋」さんじゃあるまいし。

(↑この花屋さんは、オーダーメイド専門の花屋さんです。そのため、通常時は花を置いていないというわけ)

 

さらにAさんは続けます。

A「これって、幸福はやってこないっていうことですか?」

 

私「はい、まさに仰る通りです。

うら寂れた花屋さんは、あなたの現状を反映しています。

また、花が一輪もないということは、あなたの花も実もない未来を暗示しているのです。

おお、なんて不吉な!」

 

まあ、冗談でもこんなこと言えませんしねえ。

「たまにはそんなことありますよ」と、ごまかしておきました。

 

 

しかし……。

この時私は、Aさんに仕事を頼もうとしていました。

「ふむ。Aさんには幸運が来そうにない。だったら、私が仕事を頼むのはおかしくないか?

 

実に占い師的な発想です。

予兆に現実を合わせようとしています。

 

「そういえば、今回私が求めてるスキルとはちょっと違うようだし……。うん、今回は別の人に頼もう!」

そして私は、Aさんに断りの連絡を入れました。

 

おやおや、さっそく凶運が発動していますね。

でもこれもAさんの運命なのでしょう。

 

 

花買いは確実に効果のある開運方法です。

しかし真の凶運の持ち主だと、そもそも全然花が買えないのではないでしょうか?

たとえば錦鯉の長谷川さんが花買いをすると、たまたま花が売り切れだったり、あるいは臨時休業していたりするのかもしれません。

まあAさんがそこまでかどうかはさておき、興味深い体験談ですね。

 

また私も、別によい依頼先を見つけることができました。

結局はこれでよかったのです。めでたしめでたし。

 

すべては花を買う段階で「あらわれて」いたのですよ。

これが運命学の神秘というやつです。

 

こんなふうに、花買いはとっても興味深い開運法です。

皆さんもぜひお試しあれ! 今月のチャンスは2日だけだよ!