はい、毎度どうも。易者の黄玉です。

もうすぐ梅雨明けかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

ところで、最近の「よく読まれている記事」ランキングは何なんでしょう。

ここは易者ブログなのに、どうして「イーチン・タロット」の記事がいちばん人気あるんですか?

まったく、タロットタロットと……。

みんな、そんなにタロットが好きか! 魔女っ子がいいのか!

 

それでは、これからしばらくタロットの話をしていきましょうか。

 

(1)占ってみてわかった、易とタロットの違い

 

私が最初に占いにふれたのは、タロットからです。

そこから卜占(偶然性を利用した占い)全般に興味を持つようになり、易もやりはじめました。

しかし勉強していくうちに「易とタロットでは、出てくる答えに違いがある」と感じるようになりました。

 

易は、ダメならダメ、GOならGOと、答えがスパッと出てきます。

そして、問題解決策が大きくクローズアップされます。

 

タロットは、お客様の心理状態を掘り下げるのに向いています。

「あなたはあの時こう思ったんですね。だから○○したんですね」と、カウンセリング的な使い方ができます。

それから答えが「やわらかい」ですね。

易が「ダメでしょ」というところを「がんばってみて!」といったりします。

 

 

(2)タロットと易の有効期間の違い

 

また、タロットと易を併用しているうちに「占える期間の長さ」が大きく違うと気づきました。

私がタロットを使うと、短期間のことしかわからないんですよね。

せいぜい三ヶ月~一年とか。

銃に例えると、正確に的に当たるが、飛距離が短すぎる感じ。

 

このタロットの有効期間の短さというのは、

第035回『隈本健一の占い夜話』対談鎗田宗准先生① 11:26~

でもふれられているので、私だけの感想ではないと思います。

💡 注意 タロットで数年先を占える人もいます。私の場合はこうだった、ということです。

 

では易はどうなのかというと、年単位で長期的に占えます。

問題の対策や訓示もクリアーに出てくるので、かなり使えます。

銃でいうと、スナイパー向けの遠距離狙撃銃ですね。 

 

しかし、最終的な結末だけがポンと出てくるので、鑑定中のお客様の反応はあまりよくないです。

「え~、ほんとにそんなふうになるの?」「ピンとこない」とか。

 

また、易はすごく高いところからアドバイスをくれるので、その答えにすぐには共感できません。

易では、ある程度時間が経ってから「ああ、そういうことだったのか」とわかるケースが多いです。

 

そしてこの「射程距離の違い」のせいで、答えが真逆になってしまうこともあります。

短期的には○、長期的には×の問題だと、易とタロットで正反対の結果が出てしまうのです。

これはいかんでしょ。なので、現在は併用はスッパリやめてます。

 

➡ 書いてて気づきましたが、現在の占いビジネスにおいて、

易の最大の問題点は「共感性の低さ」ですね。

「そうそう、そうなの! わかる~」「私のことをわかってもらえた!」と、情緒に訴える面が薄いのです。

特に女性のお客様は、占いにそれを求めますからね。

 

でもですね「共感できる=今の自分と同レベル」ってことです。

ほんとに、ずっとそのままでいいですか……?

今とはまったく違う見地からの答えがほしい場合に、易はオススメです。

 

 

(3)だから私は易を選びます

 

その他、易とタロットとではさまざまな違いがあります。

 

まず「タロットはカードの浄化がめんどい」のです。

いきなり「浄化」って、何よそのオカルトワード?

タロットを連続して使ってると、カードに「何か」が溜まってくるのです。

それを定期的に落とさないと、カードが疲れて(擬人的な表現)占い結果がブレてしまいます。

 

これがけっこう面倒なんですよね。天日干しにするわけにはいきませんし。

カードを天日干しにすると、何かは抜けますが、カードが反って使いものにならなくなります……。

ええ、やったことがあるんですよ。普通にセージ使えばよかった。

 

でも、易の場合はめちゃくちゃお手軽です。

筮竹を「いーち、にーい」と、五十まで数えればOKです。それでメンテ完了です。

 

あと、タロットが陰か陽かといえば、陰ですね。間違いなく。

気分が沈んでいる時は使いたくありません。

 

それとタロットは、カードの絵柄、種類によって占断がかなり左右されます。

「私はこのタロットでなきゃダメ!」というタロットが、絶版になったりしたらどうするんでしょう。

💡 実際にそういう占い師の方はいます。新品をいくつか買いだめしているようです。

 

占いで「便利、早い、使いやすい」を追求していくと、易になりました。

だってカードを広げる場所もいらないもんね。

 

それに、もし私が自分を占うとしたら、易しかありません。

なぜならタロットは、その場の現状分析と近い未来は完璧ですが、

「人生全般を通じて、今どうすればよいのか」という、深い問いかけには向いてないからです。

答えがふわっとしすぎているのです。あいまいというか。

私としては、易の方が信頼できますね。シャープでクリアな答えがほしい時は、易で決まりです。

 

というわけで皆さま、タロットもいいですが、たまには易のことも思い出してくださいね!

だてに昔から残っているわけではありませんよ。

それではまた~。