皆さま、こんにちは。占い師の黄玉です。

年の瀬の頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は「年末花買いのその後」をお知らせしたいと思います

私の12月というのは、一言でいうと「すごくゴタゴタしている」でした。

 

ひとつひとつのことは、結果的にはうまくいったのですよね。

だけどそれに至るプロセスが、ものすご~くゴタついてます。

 

例えばぎっくり腰についてです。

・中腰はせず、常に膝を曲げるようにしていたら、腰への負担がかなり軽くなりました。肩こりもだいぶん楽になり、悪い習慣が改まりました。

・その折、保険会社と一週間以上モメました。保険料不払いではないのですが、とにかく質問に答えない。ここからトラブル時の対応の悪さを知って、保険を解約しました。無駄な保険料をカット、ということになるでしょうか。

ああ、ぎっくり腰自体はわりとすぐに治りました。

 

 

他にも、紆余曲折を経た出来事は数限りなしです。

方位でいうところの「吉方位を取った後の好転反応、毒だし、反作用」というような現象がガンガン起きてますよ。

花買いって、もっとマイルドな開運法だったはずですが。

 

💡 毒だしとは?

例えば吉方位を取った後に「家族が多額の借金をしているのが発覚した!」というようなことです。

一見悪いことのようですが、知らずにいたら事態はどんどん悪化していたはず。

そうならば「早く表面化させたほうがいい」ということになります。

「膿が出てよかったね~」な現象のことを、毒だしといいます。

 

力の強い日に、気合入れて花を買ったからですかねえ。

でも¥1223というロープライスなのですよ。

 

あー、そうそう

まさにここでいってる副作用のある日そのまんまですよ。

なんてこった。いや、いいですけどね。

 

何だか「急激によい気を取り入れたことで、運気のバランスが崩れた」ような感覚があります。

対人運アップ↑で、健康運ダウン↓ですね。

まあ多少の波乱はありましたが、何が自分にとって必要なのか、がハッキリとわかりました。

 

➡ 変わった現象としては、郷里の役所から「あんたンとこのお墓、草ぼうぼうやから抜いといてよ」との報せが入りました。私が墓地相続人となっており、住民票を追いかけて連絡してきたというわけです。過疎地で住民が極めて少ないとはいえ、役所がそんなことをするとは驚愕ですね。

これは「花買いもいいけど、うちのお墓にも花を供えろ」というご先祖様からのメッセージでしょう(笑)

あー。ごめんごめん、忘れてたわ~。

現地のシルバー人材センターに頼んで、草抜き+お供え花をしてもらいました。さすがに遠すぎるので。

 

 

それにしても、普段の日々とは違いすぎます。

ドッと気疲れするようなことばかりでした。

「さすがにおかしい」と思って、易に問いかけてみました。

 

私「この現象の意味は?」

易「悪いものと離れる時には、必ずトラブルが起こるものだ。気にすることはない。これからは何もかもうまくいく」

 

なんだこのスーパーポジティブな内容は。易にしては珍しい。

 

今回花買いをやって「せっかく花を買ったのに、悪いことが起こった~」と思っている方がいるかもしれません。

そういう方々に、上記のメッセージを捧げます。

 

易によると、全然問題ないらしいです。

気にしない、気にしない~。

 

結論として、確かに花買いには、何らかの効力があります!

ですが知識がないと、その事象の現れ方をコントロールできません。

もうちょっと勉強しないといけないですね。

 

 

来年はいいことあるかなあ~?

(占い師のセリフとは思えない)

皆さまは穏やかな年末年始をお過ごしください。

 

今年一年、ご愛読ありがとうございました!

また来年もよろしくお願いします。