ある日私は、大変な困難に見舞われてしまいました。

やるだけのことはやりましたが、もう万策つきました。

私は自分のことは滅多に占いませんが、こうなったらもう仕方がありません。

 

易神さまの力におすがりしましょう。

精神統一して、お祈りします。

どうか私の取るべき道をお示し下さい!

 

問い:私はwindows10を使っているのですが、KB3201845の更新プログラムをインストールしてからパソコンの調子がおかしいのです。プラスチックの熱されるような匂いがして、本体からカリカリジージーいう音がしてます。しかもめちゃくちゃ重たくなりました。復元ポイントを使ってシステムを復元させようとしたものの、一回目は「ウイルスソフトが入ってるからできなかった」と出て、二回目はウイルスソフトを切ってからやりましたが、それでもできませんでした。そこでひとまずKB3201845の更新プログラムをアンインストールした。動作は正常になりましたが、この異音は止まりません。そしてKB3201845を再インストールしようとしたのですが、一向にダウンロードが進みません。マイクロソフト社のサイトから手動でダウンロードしてもダメでした。もう初期化しかないのでしょうか。

私はいったい、今後どうしたらいいのでしょうか?

 

易の答え:同輩に聞け。

 

「同輩」というのは、友人や知人、同僚などですね。

修理会社の人や、サポートセンターの人ではないということです。

ちなみに、天火同人の卦から判断しました。

 

なんでしょ。易は「私にそんなことを聞くな」といいたいのでしょうか。

 

そこで、いつもパソコンのことを相談してる人にメールで聞いてみました。

 

パソコンに詳しい人:「動作に問題がないのなら、次回のアップデートで改善パッチが出るまで待ってみれば?」

 

うむむ。何も解決していないぞ。

 

一応、お礼のメールを打っていたところ。

あれれ?

パソコンから音がしないよ。

直った?

 

 

まさかこれは「修理の人に見てもらおうとしたら電化製品が直る」あの現象ですか?

 

モノというのは修理に出そうとすると途端に元気になる……

電化製品の修理をしてもらおうと業者に来てもらうと、その時に限り調子よく動く……

 

ほらほら、この回の長谷川さんもそうです。

スマホを修理するために東京中駆けずり回ったのに、いざ窓口の人に見てもらおうとしたら「何も異常ありませんよ?」といわれるのです。

 

そういえば、この現象に関するオカルト的解釈を聞いたことがあります。

 

修理の人は、いつでも機械を直してます。

ということは、その人は「機械を直す」気(パワーあるいは魔力あるいは波動)を持っているということです。

だからその人が機械を診ただけで、自然と直ってしまう……という。

 

二十一世紀にもなって、そんな迷信的なこと考えてるの?

お脳は大丈夫かしら?

 

いやいや、そうは仰ってもですね。

もし現実にドラえもんが存在するなら、きっと朝昼晩と修正パッチ発行しまくりですよ。

機械というのは非常にデリケートなものです。波動の影響を受けても何ら不思議ではない!

 

と、そこでまた「KB3201845をインストールしろ」というお知らせがきました。

どっちみち、インストールするしかありません。(シャットダウンと同時に強制インストールされるから)

 

もしこの仮説が正しいとするなら、その人の影響によって波動が改善(笑)したパソコンは、

今ならインストールが成功するかもしれません。

イチかバチかでやってみよう!

 

ぽちっとな。

 

インストール成功しました。

音も静かです。動作には何も問題ありません。

 

やった~。

パソコンが直ったよ~。

 

 

そう、パソコンを直す究極の方法とは、「修理の人に見てもらおうとしたら電化製品が治る」あの法則を人為的に引き起こすこと、ではないでしょうか。

 

原因不明のトラブルで困ったら、

修理担当の人や、パソコンに詳しい人のハンドパワーにおすがりしましょう。

手かざしでもしてもらったら、直るかもしれませんね!?

 

そしてプロセスがまったく意味不明であれ、結果的に易は当たりました。

ふー、よかったよかった。さすが易神さまだ。

 

 

それであのー、マイクロソフト社の方々はですね、

windows10更新プログラムをインストールするたびに戦々恐々、という状況を何とかして頂きたいかと。

オカルトな方策にも頼りたくなるというものです。

 

どうせ本社の風水が悪いんでしょう。

香港の風水師でも招いて、とっとと改善しちゃって下さいな。

ほんとお願いしますよ~。

 

パソコン用のお守りについて