%e6%82%a9%e3%82%80%e7%89%9b%e5%a5%b3

 

こんにちは、黄玉です。

今回は「占い師の悩みとお客様の悩みがシンクロすることについて」です。

 

以前私は「占い師を廃業すべきか、せざるべきか」と悩んでおりました。

しかし本占いをやっても、どうもしっくりこない。

私は性格上、自分のことはなかなか占いません。

 

ある時、鑑定依頼が入りました。(プライバシー保護のため、詳細は記しません)

その中で、私は言いました。

「なぜ、今の仕事をやめようと思うのですか?今の仕事は天職ですよ。あなたがいちばんイキイキできる仕事です」と。

 

こうした結果は、なかなか珍しいです。

お客様が「仕事やめたい」「離婚したい」「出家したい」と言い出す時には、必ずそれなりの理由があるものですから。

 

そこで私は、ふと思いました。これはサインかな? と。

この鑑定結果が出てから契約更新メールがきて、自分のことを占ってみたのです。

 

%e7%89%9b%e5%a5%b3%e5%ba%a7%e3%82%8b

 

占い師をやっていると、時たま「自分の抱えている問題」と「お客様の鑑定結果」がシンクロすることがあります。

自分が悩んでいる問題と、似たような悩みを抱えているお客様がやってくるのです。

 

もちろん、そんなことは滅多にありません。

そんな年柄年中、離婚や不倫や借金問題を抱えているわけではないですよ。

 

しかし時折、たま~に、

自分がお客様にいう言葉が、まさにそのまま自分への解決策だったりします。

 

これは「自分の問題とお客様の問題を取り違えている」「間違って占っている」のではありません。

たまたま偶然、そうした方がやってくるのです。

しかし、その偶然は意味ある偶然です。(というのが、卜術を使う占い師の基本的思考)

 

他の職業ではこんなことはないでしょう。

お医者さんが患者の水虫を治したからといって、自分の水虫が治るわけはありません。

しかし占い業界では、こうしたことがごくごく稀~にあります。

 

%e7%89%9b%e5%a5%b3%e3%80%81%e7%ab%8b%e3%81%a4

 

まあそれ以前に、

占い師がいう言葉は、お客様への言葉であると共に、常に自分に向けられる言葉でもあります。

イミがわからない?

 

目の前のお客様は他人ではあるけれど、完全に別個の存在ではないということです。

お客様は世界の一部であり、なおかつ世界の全てが内包されています。

ですから、お客様の中に自分の問題とその解決策が宿っていても不思議ではありません。

 

う~ん、さすがに神秘思想の要諦を三行でいうのは無理がありますね。

わからなかったら飛ばしておいて下さい。

 

しかしこれは関係妄想(精神医療用語)の最たるものでもあるので、よい子はリアルではいわないようにしましょう!

 

というわけで、今後とも占いに精進していきたいと思います。

皆々様におかれましては、今後ともお引き立て下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。