ビーチ

 

こんにちは! 占い師の黄玉です。

本日もパワーストーンネタですが、お付き合いくださいませ。

 

これはまだ私が石の言葉を聞けなかった頃。

「アクアマリンの結晶が欲しいなあ。ベリル系はぜんぜんもってないんだよな。一個くらいコレクションしたいなあ」と、今と同じようなことばかり考えておりました。

だけど「これだ!」という標本が見つからないまま、一年が経ちました。

 

ですが冬の頃、ある鉱石屋でアクアマリンを発見しました。

そのアクアマリンは宝石のカット用原石でした。

結晶ではないけれど、きらきらと輝いています。

大量仕入れしたらしく、かなりの安値でゲットできました。

 

それから一ヶ月が経ち、クリスマスの季節となりました。

私はなぜだか知人Aさん(女性)に、突然アクアマリンをプレゼントしたくなりました。

ちょうどある会場で出会うし、クリスマスだし、あげよう!

 

そして更に三ヶ月くらいが経って、Aさんが結婚しました。

「へえ、おめでとう! よかったね!」と思いました。

 

アクアマリンといえば結婚、との言い伝えを知らなかった頃です。

Aさんは結婚する直前にアクアマリンを手に入れたことになります。

もしかしたら石の力かもしれません。ロマンチックですね!

 

海底

 

しかし、今の私はビミョーな思いを感じています。

 

あのアクアマリンは最初からAさんのところへ行きたかったのかな?

私はただの石の橋渡し役だったのかな?

それとも、独身主義の私にアクアマリンが見切りをつけて出て行ったのか……。

 

モヤモヤした私は、水晶玉に聞いてみました。

「あのアクアマリンはAさんのところへ行きたかったのか?」

その答えは。

「他に良い人間を見つけたから、そっちへ移った」

 

クールな答えだな、おい!

 

まあ私の元にいても、夫婦円満パワーなんて発揮できないですからね。

それはそれで納得です。

 

こんなふうに、石は持ち主が気にくわないと(合わないと)すぐに離れていってしまいます。

あなたにも覚えがありませんか?

ある特定の種類の石だけ、すぐになくしたり手元から離れたり……。

 

ふん、私にアクアマリンは鬼門ということですな。

藍玉(和名)はもう絶対に買わないぞ!