パワーストーン

 

はいはい、パワーストーンの選び方講座です。

でも皆さん、一回くらいは「パワーストーン 選び方」と検索してみたことがあるでしょう。

だいたい「直感に従って選びましょう」と書かれてるハズです。

 

ここでも、その方法をおすすめします。

でも、何で「直感」頼りなのか?

 

(1)

実は鉱物というのは、個体差がものすごくあります。

同じ産地の同じ鉱山の同じ晶洞(結晶が詰まってる穴)から出た石でも、性格が違います。

ビーズ一個一個ですら違いますよ。

パワーストーンというのは、石と人間の相性がすべてです。

その本当の相性がわかるのは、当人だけです。

 

(2)

更に「効果」「効能」「この悩みにはあの石」というのは、実はあまり意味がありません。

一口に「金運に悩んでいる」といっても、原因はさまざまです。

・Aさん 金運がほしい→収入が少ない→その原因は?→行動力が足りてない→行動力が上昇するような石を持つといい。

・Bさん 金運がほしい→無駄づかいする→その原因は?→意志が弱い→自分の意志力を高める石が必要、となります。

 

同じ「金運」に効く石といっても、処方がまったく変わってくるのです。

「金運」といえばルチルクォーツ、というわけでもありません。

 

更に、本人と石との相性も関係してきます。

これら諸々をひっくるめると「本人が直感で選んだほうがいい」となります。

だって選択肢が多すぎますからね~。

「これ!」という感覚に頼ったほうが早いのです。

 

石1

 

「人に選んでもらいたい」「自分に合う石がわからない」という人がいるかもしれません。

そんな場合でも、トライアンドエラーです。

自分で「これが良いかも?」と思った石を、手に取ってみましょう。

そして石との交流を深めていってください。

 

もしどうしても選べなかったら……選ばなくていいでしょう。

そもそも石は、100%贅沢品です。

「これだ!」というのがない時は、見送るのが吉。

 

自分が欲しい石がない場合は、そもそも今は石が必要ないのかもしれませんね。

それはそれで、とっても良いことですよ。

自分で何とかできるということなのですから。

 

別に石に限りませんが、迷いがある時は、買い物しないほうがいいですよ。

「イマイチだけど、安いから」「店員さんに悪いから」「もうこれでいいか」

などと思わず、自分の好みをとことん追求してください。

 

だってパワーストーンは趣味の品なんですからね。楽しくいきましょう!

 

「効く」パワーストーンの選び方(1)

「効く」パワーストーンの選び方(2)

「効く」パワーストーンの選び方(3)