長ネギと医者

 

鉱物、パワーストーンはどれも一点もの。

石が好きになると、どんどん集めてしまう。

そのうち、部屋は石を入れた段ボールでいっぱい。

家族にも白い目で見られてしまう……。

そんな石欲しい病に罹患した方は、たくさんおられるでしょう。

 

その治療方法です!

 

(1)コレクションを精選する。

 

鉱物の数は、数千種類ともいわれています。

その全てを欲しいといったって無理な話。

自分は何を集めるのか? を徹底的にこだわりましょう。

また種類のみならず、サイズ、品質にもこだわりまくってください。

「ヒマラヤ水晶でチベット産の両頭式の結晶のみ集める」とかですね。

 

それから大事なのは、好きだからといって何でも買わないこと!

今まで10個買ってたところを1個買うようにすれば、コレクションの品質は格段に向上します。

 

まあ自コレクションを大量処分すると、購入意欲がガタ減りしますよ。

自分が持っていたクオリティのものより以下のものは、絶対に買う気になりません。

そして自分が「良いな」と思うものは数万~数十万します。

目が肥えてくれば、自動的にポンポン買わなくなりますよ。

 

ピンクっぽい水晶

 

(2)石から呼ばれないと買わない。

 

はい、ここからはパワスト的な世界観です。

アミニズムワールドですよ。

 

パワーストーン的な解釈でいうと、石には心があります。

更に、石にはある種の力があります。

だけどパワーパワーといったって、ただパワーがありゃいいってもんじゃない。

自分がその力を使えるか? また、石が協力してくれるのか? なのです。

 

そして結局、石の方から呼んでくれないと「効かない」のですよ。

 

キレイな石や珍しい石、力のある石は、この世にゴマンとあります。

だけど「自分に合う、たった一つの石」というのは、そんじょそこらにあるわけではありません。

自分と相性が合う石だけを買えば、次から次へと買わなくてすみます。

 

つまり大事なのは「石から呼ばれる」という感覚なのです。

この感覚がわかれば、効かないパワーストーンを購入しなくてすみますよ。

 

それでは次回からは「石の選び方」です。

 

私の散財っぷりを踏み台にして、素敵な石ライフを送ってくださいね☆