はい、開運法についてのコーナーです。

前回に引き続き、【うらない君とうれない君】についてです。

 

この番組を見ていると、おもしろいことに気づきました。

この窓開け開運法がはじめて公開されたのは、2015/01/27なんですね。

 

あまり大きな幸運の星が巡っていなさそうな(婉曲的表現)長谷川さんは、4ケ月弱経ってから、はじめて開運法を試したそうです。

 

で、時々この番組を構成している放送作家さんの話がでてきます。

番組公開当初から新婚ラブラブで、かなり幸せそうです。

花買い、窓開けなどの開運法を毎回すべて試していたら、テレビの大きな仕事がきて、元気なお子さんにも恵まれたそうです。スゴイ!

 

だけど長谷川さんは、ほぼ何もやっていません。

花買いは花を買うお金がなく、窓開けは窓を開けるタイミングが合わないそうです。

そして、特に開運もしてなそさうなカンジですね。

 

これは私の経験からもいえるのですが……。

どうしようもなく運が悪い人は、開運法をやりません。

 

これホントなんですよね~。

「今すぐ何かやらなきゃ! 早く手を打たないと!」という人ほど、何もしません。

別にとんでもなく手間のかかる方法をいってるわけじゃありませんよ。

だけど、どうも抵抗を感じるらしいですね。

 

その反対に「あなた、何か困ってることがあるんですか~?」という幸福そうな人ほど、手当たり次第に開運法を試していきます。

毎日のラッキーカラーまで気にしまくりです。

そしてますます幸福になっていきます。

 

人生の格差を感じますね。

 

だってね~、もし私が売れない芸人だとして、こんなすごい占いの先生から開運法教えてもらったとしたら、万難を排して窓を開けますよ。

バイトのシフトは組み替えて、相方に土下座して窓を開けてもらいます。

でも、そうしない。

何でやらないのでしょうか? 不思議なくらいですよ。

 

花買い開運法では、とうとう大石先生から「お金ない? じゃあ、空き地で花を摘んできたら? 効果薄れるけど」と、投げやりにいわれるようになっています。

でも、それさえもしない。

本人の中に、運気上昇を阻むものがあるのかもしれませんね。

 

卵が先か、ニワトリが先か? なのですよ。

 

運気が上向きだから開運法をするのか。

開運法をするから運気が上向くのか。

 

運気が停滞しているから、開運法をしない(できない)のか。

開運法をしない(できない)から、運気が停滞したままなのか。

 

もちろん開運法そのものにも、一定の効力はあります。

だけど、最初の「やるか、やらないか」をわけているのは、本人の運気やる気の問題だと思いますね。

 

ですから、もしあなたが開運法を「やってみようかな?」と思ったら……。

それはあなたの運気が上向きかけている証拠かもしれませんよ!

 

興味のある開運法があったら、是非トライしてみてくださいね