八卦の解説で、ちょっと言葉が足りなかったところがあります。

ちょっと前に戻って、解説しましょう。

 

64掛A06

例えば離(り)です。

この八卦だけでは、なかなか深いところまでわかりません。

そのために、八卦と八卦を組み合わせてみました。

八卦×八卦=六十四卦。

六十四卦とは、八卦同士を掛け算して、より深い意味合いをもたせたものです。

 

64掛A43

例えば、離×坤=火地晋(かちしん)です。

上に離がきて、下に坤があります。

 

64掛A44

じゃあ同じパーツがこう並んでたらどうなる?

坤×離=地火明夷(ちかめいい)

違いは何? というと、上下逆さまですね。

 

似たような意味なの?

全然ちがいます。

 

太陽

火地晋は、大地の上に太陽が昇ってる図を表します。

離=太陽 坤=大地 と捉えてます。けっこうよい意味です。

 

夕日

地火明夷は、坤(大地)の下に離(太陽)がある図です。日没です。

あまりよい意味ではありません。

 

八卦単独では、あまり深いところまでわかりません。

そのために、八卦を組み合わせて六十四卦を作ったのです。

 

まとめると

・六十四卦=八卦を掛け算させたもの。

・八卦がそれぞれどの位置にあるか、どの八卦と組み合わせるかによって、意味が違ってきます。

 

個別の意味は、それぞれ六十四卦の解説でみていきましょー。