次から、六十四卦について解説をしていきますね。

 

注意点が一つあります。

これは、私が実際の占いで得た知識を元にしています。

そのため、教科書通りの解釈でない場合があります。

 

「どっちが正しいの」ですか?

万人にとって正しい答えはありません。

あなたはあなたにとっての正解を見つけてください。

 

また易者じみた口調になってしまいましたが……。

 

易経も一つのマニュアルですよ。

何かを盲信したり、柔軟性を失ってはいけませんね~。