占い方を書くのを忘れてました!

これは最もカンタン、便利、コンビニエンスなやり方です。

 

(1)まず、質問をよ~く考えましょう。

質問の立て方によって、答えの正確さが変わってきます。

「これからどうなる?」とぼんやりした聞き方ではなく、

「自分が内定をもらったこの会社に就職してもよいものか?」と、具体性を高めましょう。

実はこの問いの立て方こそが、最も重要なのです。

できるかぎり、最大限に質問をしぼってくださいね。

 

(2)そして、易の神さまに祈ります。

「どうぞ私に正しい答えを教えてください」などで大丈夫です。

 

(3)十円玉を一枚用意します。

できれば洗って、きれいにしておいてください。

それを放り投げます。

そしてコインの表が出たか? 裏が出たか? を調べます。

10円玉は、お寺のあるほうが表、数字が書いてあるほうが裏ですよ!

表=

裏= と決めましょう。

陽か陰の、どちらが出たかをチェックしましょう。

それを6回繰り返してください。

 

そして、1から6までを、下から順番につみあげていきます。

64掛A61

この卦を例にとって説明しますと、

6回目 

5回目 

4回目 

3回目 

2回目 

1回目 

ということです。OKですか?

下から順番に、を間違えないようにしてください。

 

(4)そして、サイコロを1回ふります。

このサイトが便利です。

ただサイコロをふるだけのサイトです。

 

(5)

そして、之卦(しか)を求めます。

之卦とは、これから物事がどう移り変わっていくか? を見るものです。

たとえば、サイコロの3が出たとしましょう。

すると、下から3つ目の棒が変化するわけです。

陰から陽、または陽から陰へ変わるよ、ということです。

 

64掛A61

これの下から3本目が変化して、

64掛A28

こうなるわけです。

 

(6)

お疲れさまです!

これで易のを求めることができました。

これをいろいろに解釈していくのが、易占いというものです。