さて、易が役に立たない時、第二弾です。

易は的確なアドバイスをくれます。

しかし、そのアドバイスを一蹴する方々がいます。

 

よくある例としてはこういうものです。

お客様「結婚したいんです!」

黄玉「(占って)……お見合いしてみたらどうでしょうか?」

お客様「いえ、それは無理です!

 

即答。拒否。断固ノー。

 

占い師をしてみたらわかると思いますが

人間というものは、なかなか他人のアドバイスには従いません。

自分からアドバイスを求めていても、そうなのです。

 

この例で「無理!」と言ってるのは、感情的に反発しているのですね。

もちろんそれなりの理由があるでしょう。

イロイロ仰いますが、とどのつまりは「自分が変わりたくないから」なのです。

 

占いをするもしないも自由、アドバイスに従うも従わないも自由です。

 

しかし、自分を本当に変化させることには、ストレスがつきものです。

 

アドバイスされたことに対して「ちょっとやってみようかな♪」

くらいの気分でいれば、占いうまく活用できるかもしれませんね!